リール

レオブリッツの不具合?ロッドクラッシャーリールに注意!

 

レオブリッツ200Jの不具合というか、問題点というか、こういうことがあったよ?という報告です。
別にレオブリッツ200Jを批判しているわけではないので気になる方は読んでください。

 

レオブリッツとは?

 

ダイワから発売されているレオブリッツ200Jというミドルクラスの電動リールです。
特徴は小型でパワフル、ジョグダイヤルを装備し片手で楽々操作ができます。
魚種はタチウオからタイラバ、中型の青物まで幅広く使用でき関西で釣りをするなら使い勝手の良いリール。

普段私はシマノ派なのであまり手にすることはないのですが正直、パワーも申し分なくプレイズよりは少なくともいいリールです。

レオブリッツに何があった・・・・?

 

とある方の経験なのですが釣りに行く度にロッドを折って帰ってきます。
10回行ったら8回は折ってて、全部自分で修理しているのですがほぼ持ってるロッドは修復歴あり。

釣り歴も長く、下手ではないのですがなんで折れるかと言えばこのレオブリッツの不具合が原因。
レオブリッツを使い始めてからポキポキと折っているようです。

いや、それでも折りすぎでもう明らかに異常だと思います。

不具合?レオブリッツの欠点?

 

何があったか聞いてみると、【仕掛けを投入したときに電動リールがいきなり巻上を開始し仕掛けもろとも巻き上げてしまい竿を折ってしまう】とのこと。

実際にわたしもこの機種で仕掛けを投入したときに、いきなり巻上が開始され、竿を折りかけたことがありました。

その時はフルサミングをしてなんとか回転を止め事故を防ぐことができました。

 

 

 

このリール怖ぇぇぇ。

 

不具合動作条件

 

船まであと数メートルになったら自動的に電動リールの巻上ってとまりますよね?
あとは手巻きをして仕掛けを回収。

この時にジョグダイヤルを確実に元に戻している人ってどれだけいるのでしょうか?
結構、そのままにしている人っているのではないでしょうか?

そんな人は大変危険です。

要するにジョグダイヤルを元に戻さずに、巻上をマックスにした状態で仕掛けを海に入れる。
ドボン!といれクラッチを切る前に何故か巻上げが開始されます・・・・。

もうこの現象が起こったら恐怖です。
全力でサミングするか、ジョグダイヤルを元に戻すかをして巻上を止めないと、ポキッッていってしまいます。

結局、このレオブリッツはジョグダイヤル機構の交換対応になったのですが、
次の釣行でまたロッドを折ってしまったようです…。

ジョグダイヤルはもとに戻そう!

 

対処方はただ一つ、ジョグダイヤルは仕掛け回収した後に回転数0に戻すことが対処方法となります。

めんどくさくても毎回確実に…。

 

というよりそもそもこの不具合事態が有り得ない。

明らかに設計ミス。

ダイワさん事態はこの現象については一切認めていないそうですが、私はとても酷いと思っています。

同じ現象起こっている人いませんか?

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でツリイキタイをフォローしよう!



-リール

Copyright© ツリイキタイ , 2020 All Rights Reserved.