真鯛をジギングで狙おう!タイジギングの始め方&タックル紹介!

 

タイラバで真鯛を狙う釣りはもはや定番と化していますが最近ではジグで真鯛を狙うタイラバジギングも人気の釣りになってきました。

今回はタイラバジギングについて紹介していきたいと思います。

そもそもジギングで鯛は釣れるのか?

 

鯛のベイトフィッシュは主に甲殻類やイワシ・アジなどの小魚と言われています。
タイラバは甲殻類に似せた疑似餌と言われていますので小魚を演出するジグで鯛を釣ることは可能です。

実際に私も何度もジギングで鯛をキャッチしています!大型の鯛になるとずっしり重くドラグもガンガン出るのでとてもエキサイトします!

 

タイラバジギングロッドの選び方

 

タイラバロッドをそのまま使用して釣りをすることもできますがジグの本来の動きを出すためにはライトジギングのロッドを使用する方がジグアクションもよく本格的にタイラバジギングを楽しむことが出来ます。

使用するジグは水深や潮の流れなどにより状況判断が必要ですが一般的に40g~120gのジグが使用されます。

基本的にライトジギングと同等の釣りになるためバットがしっかりとした合わせをしやすいロッド選択が必要となり6~7フィートクラスの長さのロッド選択になります。

ポイント

・ライトジギングのロッドで代用が可能

・ジグは40g~120gを選択する

・長さは6~7フィートのロッドを選択する

タイラバジギングでオススメのロッド

 

シーウォーク タイジギング SWTJ-611ML

 

ジグ巻き上げ時のロッドへのモタレ感もなく、即アワセも難無く決まります。春の乗っ込みシーズンや、水深50m以上の比較的深場を攻める場合や、潮の流れが速い時などにも威力を発揮します。

長さ自重ルアーウェイトライン号数
2.13m125g40g~120gPE 0.8~1.5号

 

レッドフリップマダイジガー RF752S-ML

 

レングスを活かしてリフト・フォールの自由度が高い機種。フッキング性能と強引なファイト性能を求め、強めのパワーを持たせています。

長さ自重ルアーウェイトライン号数
2.26m147gMAX120gPE 0.6~1.2号

 

紅牙 MX タイジギング 70HS AP

水深50m以上、使用ジグは80gを中心に120gまで対応の速潮時でも流れに影響しない操作性を重視したモデル

長さ自重ルアーウェイトライン号数
2.13m110g40g~120gPE 0.8~1.5号

 

ビンビンスティックエクストロ BSXS-S66ML-TJ

船べりからのアンダーハンドキャストで楽にルアーを投げることができ、魚とのやりとりをしなやかにこなします。さらに注目の鯛ジグにも高次元で対応するオールラウンドモデルです。

長さ自重ルアーウェイトライン号数
6.6ftMAX120gPE 0.6~1.5号

 

タイジギングにおすすめジグ

真鯛ジギングにおいて使用されるジグはシルエットが小さく見える【タングステン素材】のジグを使用することが主流となります。

オススメカラーは鉄板のミドキン(緑金)かアカキン(赤金)カラーが圧倒的に人気があり実績も多く残されています。

 

TGベイト

 

もはやライトジギングの定番ジグ!TGベイトを使えば間違いなし!

 

TGベイトSLJ

 

 

ビンビンメタル 

 

タイジグ

ジグの動かし方

 

鯛はフォールしているジグを見ていますので着底した後、素早く巻上を開始する必要があります。

着底度放置していると鯛に見切られてしまいますので必ず着底後はすぐに巻き上げてください。

その後はただ巻やワンピッチなどのアクションを入れつつ鯛を誘っていきます。

海底から数十メートル巻き上げればまた底にジグを落とし巻上を繰り返し行います。

難しい動作ではないと思いますので誰でも簡単に始めることが出来ますね。

ポイント

・ジグが着底したら必ずすぐに巻き上げを開始すること!

タイジギングを楽しもう!

 

鯛ジギングでは通常よりも大きな鯛も狙うことが出来ます!

鯛だけではなく根魚や青物も釣れることももちろんありますので是非挑戦してみてください!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-
-

© 2020 ツリイキタイ