amazonで釣具を探す

太刀魚ジギングロッドの選び方&おすすめロッド7選!&太刀魚ジグ!

近年、タックルの進化とともに人気のタチウオジギングゲーム。
テンヤ釣りも面白いが数釣りを楽しめるジギングリールが今熱い。

2018年も間違いなく爆釣必須のジギングゲームを初めて見ませんか?
今回は初心者にもおすすめのタチウオジギングロッドを紹介しよう。

タチウオジギングロッドの選び方

タチウオジギングは狙う水深、ジグの重さ、動かし方と様々な要素があります。
そのためまずは自分が狙うエリアの事前調査が必要になります。

例えば神戸沖などは水深100m前後、ジグの重さは120g~程となります。
乗船する船に確認を取れば教えてもらえますので事前調査が必要です。

とにかくすぐに始めたいという方はレンタルロッドから始めてみてから、
自分のタックルをそろえることをお勧めします。

タチウオジングロッドは各メーカーより発売されている専用ロッドの使用がお勧めだ。
タチウオと記載がない場合がサーベリングと記載されているものが一般的で、
繊細なアタリをとるためにはファーストテーパーのロッドを選んでほしい。

また、汎用性の高いライトゲーム用のロッドも発売されているがタチウオに使用できるよう特徴をしっかり抑えておけばライトゲーム用でも問題ない。

タチウオの釣り方

基本的にタチウオは掛ける釣り。
アタリがあったらズドンと掛けることが重要です。
ジギングはジグをしゃくって釣る釣りになるため、ロッドにはある程度の硬さと張りが必要となります。

ワンピッチジャークで誘ったり、
フォールを長めに入れたりしその日のヒットパターンを探ることが重要です。

また、タチウオはフォール中にアタルことが多いためロッドの繊細さも必要になってきます。
フォールとはジグを落としているときです。海底に到着する前にラインが止まったり、
違和感を感じることがあれば当たっている可能性がありますのでフッキングをいれましょう!

おすすめ太刀魚ジグ

サーベルチューン ワンピッチ

タチウオジギングの基本テクニック、ワンピッチジャークに特化した“釣れるジグ”。重心はセミリアバランスで底取りも速く、ヒットレンジを的確に攻略。

鏡牙 ジグ ベーシック

タチウオの捕食行動を研究し、行き着いたセンターバランス設計。鋭く研ぎ澄まされたヘッドにより引き抵抗大幅軽減。

ジャッカル アンチョビメタル TYPE-1

急速沈下!広範囲を探るタチウオ狙いの先発メタルジグ

おすすめタチウオジギングロッド

ジャイアントキリングタチウオジギング

100g前後のジグを使用したタチウオジギング専用のモデルです。ワンピッチアクションを想定したブランクは、ジグが泳ぐように動くティップセクションと、アタリを確実に合わす張りのあるバットが魅力です。近海タチウオゲームに欠かせない1本となるでしょう。

ゴールデンミーン SABEL DANCE Ⅱ

デッドスローアクション、超ハイプレッシャー、超ショートバイトにもオートマチックに対応。

ゴールデンミーン(Golden Mean)
全長:6.0ft
自重::128g
継数:1本
ルアー重量:MAX120g

JACKALL ANCHOVY DRIVER

1日中使っていても疲れにくく、女性やエントリーユーザーの方にも最適な一本です。

天龍(テンリュウ) ホライゾンLJ

シマノ サーベルチューン BB

中弾性カーボンの粘りと繊細なティップがジグの動きをマイルドにコントロールし、フッキング時には強靭なバットが瞬時に反応。

シマノ(SHIMANO)
全長:1.98m
自重:112g
継数:2本
ルアー重量:MAX150g

ダイワ 鏡牙

タチウオジギングをはじめよう!

いかがでしたでしょうか?

各メーカーより専用竿が販売されておりお値段もピンキリです。

いつもと違ったメーカーのロッドを購入してみて新しいことに挑戦してみせんか?

どのメーカーも一流ですのでどのロッドを選んでも間違いなしです!

2018年は是非タチウオジギングに挑戦してみてください!

カテゴリー:
関連記事