ジギング リール

13ナスキーのベール戻りが悪いのでメンテナンス

 

もうすぐ21ナスキーが販売される予定ですが13ナスキーのメンテナンス記録です。

それほど酷使した記憶はないのですが突然ベールの戻りが悪くなり完全に戻らず途中で止まる様になってしまいました。
流石にこのままでは使うことが出来ないため修理することにしました。

 

ベールが戻らない原因はどこ?

 

シマノのリールの場合ですがベールの戻りが悪くなる原因はアームカムバネのが原因である可能性が非常に高いです。

思えば一度海水に水没してしまったことがあり、しっかり水で洗い流したと思っていたのですが13ナスキーは防水性能があまりよくないのでしっかり海水が入り込んでしまいバネを劣化させてしまった可能性が非常に高いです。

早速釣具屋でパーツを注文

左:新バネ 右:劣化した旧バネ

シマノはパーツがあれば釣具屋で1週間もあればパーツが届くのがいいところです。
パッと見何が悪いのかわからないのですがやはりバネとしての伸縮性が損なわれてしまっていて固くなっていたのでバネが原因で間違いなさそうです。

 

あとはパーツを元に戻すだけですが戻す際に音出しピンとバネが無くらないように注意をして戻すようにしなければ追加でパーツを注文しなければならなくなるので注意が必要です。

 

アームカムカバーのネジを締めつけて完成。
構造さえしっかり理解すればアームカムの分解も慣れれば余裕でできます。

アームの戻りもピシっと戻るようになりましたので原因はやっぱりアームカムバネの劣化のようでした。
他のリールでもアームの戻りが悪いと感じればアームカムバネを疑って見てください!

最後に…

 

今メインで使っている15ストラディックです。
比較すること自体が間違っていますがやはりナスキーと比べると作りも剛性もしっかりしていると思います。

13ナスキーのアームは手で曲がるくらい貧弱ですがストラディックはびくともしないのでやっぱり上位機種の方がお値段相応で良いリールなんだなと思ってしまいます。
21ナスキーはどうでしょう?もっと剛性の高いリールに仕上がっていることに期待です!

-ジギング, リール