広告 タチウオ

【2024年版】タチウオジギングで大活躍!ベイトリールのおすすめ!選び方を紹介!

タチウオジギングは手軽なタックルで楽しめる釣りですが、リールの性能が釣果を左右することも。

タチウオジギングを楽しむには適切なスペックのリールを選ぶことで楽しむことができます。

そこで今回はタチウオジギングに使えるおすすめのリールと選び方を紹介したいと思います。

ハンドルやギア比、カウンター機能に注目しさらに、シマノやダイワなど信頼性の高いブランドのものを中心しピックアップしたいと思いますので是非参考にしてください。

タチウオ用ジギングリールの選び方

タチウオジギング用のリールを選ぶ際には、ベイトリールがおすすめ。

タチウオジギングではフォール時にアタリが多く、ベイトリールはそのアタリを感知しやすい特長があります。

また、バーチカルな釣り姿勢が基本であるため、ベイトリールのクラッチ操作で素早くラインを巻き上げたり下げたりできるのも利点です。

スピニングリールでも十分楽しむことができますが乗合船のルールによってはスピニングリールが禁止されていることもあるので、事前に確認しておくようにしましょう。

タチウオジギング用リールを選ぶ際には、ベイトリールのスペックや操作性に注目し、自分に合ったリールを選ぶようにしましょう。

リールの番手と糸巻量

タチウオジギングに適したリールの番手は、ダイワとシマノであれば100〜300番手が最適です。
これらのサイズでPEラインを0.8〜1号を最低でも200m以上巻き取る能力があれば、タチウオジギングを楽しむことができます。

あまりに大きいリールは自重が重くなってしまい操作性を損なう可能性があるためリールの番手はバランスを考えて選ぶようにしましょう。

カウンターの有無

タチウオジギングでは、ベイトリールにカウンター機能が重要です。

カウンターを利用することで、ヒットした水深を把握することができタチウオがどこにいるか把握することができます。

水深情報把握するためにPEラインのマーキングを使用しカウントすることもできますが常にラインを見ておかなければならないため大変です。


カウンターがあるとより確実かつ効率的に水深を把握することができますので、ヒット率を高めるためにもカウンター付きリールを選ぶようにしましょう。

ギア比について

リールのギア比は、ハイギアとローギア(パワーギア)の2種類があります。

ハイギアはハンドル1回転あたりの巻き取り量が多く、手返しよく釣りをすることができアワセの効きやすさが魅力です。

特にタチウオの食い上げバイトには効果的です。

一方、ローギアは巻き取りが少ない代わりにパワーがあるため、スローな誘いに向いています。

冬季など活性が低く食いが渋い状況が有効とされています。

ハイギアは汎用性が高くどのような釣りでも使用することができるため人気がありますが、ローギアは1回あたりの巻取り長さがみじかいくなりますがパワーがあるため力強く巻き取る事ができるので大物とのやり取りが楽にできる利点もあります。

どちらを選ぶかは釣りのスタイルやシーズンに応じて検討するようにしましょう

ハンドル形状について

ベイトリールのリールの形状はシングルとダブルハンドルの2種類があり、タチウオジギングではシングルハンドル、ダブルハンドルのいずれでも対応することができます。

タチウオジギングにおいて、ダブルハンドルは操作性に優れ、扱いやすいため初心者にもおすすめ。

シングルハンドルは重激しいルアーアクションをつけやすく力強く巻くことに優れています。

水深があり重めのジグを使用する環境化であればシングルハンドルがおすすめですね。

どちらのハンドルを選んでもタチウオ釣りを快適に楽しむことができますので自分のスタイルに合わせてハンドル形状を選ぶようにしましょう。

タチウオジギングおすすめのベイトリール

MAX DLC MHP

ギア比5.8:1
ドラグ力5kg 
自重218g
糸巻量 PE(号-m)PE2号(200m)

デジタルラインカウンター搭載、明るいバックライト、簡単操作で電池交換可能なハイパフォーマンス仕様。

多機能なリールでライトゲームはもちろんのことタイラバ、イカメタル、バチコンアジング、ライトビシアジ、ライト五目、太刀魚テンヤなどあらゆる釣りを楽しめます。

特に船べりアラーム機能は取込み時にラインを巻きすぎず竿の安全を守ります。

C6フレームとカーボンマトリックスドラグは軽量で強力。Salt Shield TM技術で回転異音を減少、耐久性を向上。60㎜と70㎜のハンドルアームポジションの選択肢もあり、PEライン対応で使いやすい1台です

グラップラー CT 150XG

ギア比8.1
ドラグ力5.0kg
自重255g
糸巻量 PE(号-m)0.8-400
1-330
1.5-200

フォールレバーでフォール速度を自在に調整し、水深と速度を同時に監視。HAGANEボディとロングシングルハンドルで効率的な釣りを実現します。

水深やスピードを液晶画面で表示することでヒットパターを再現することができるのも良いところです。

塩ガミを抑制する防水システムと耐久性の高いボディ。

滑らかなドラグと巻き上げパワーが魅力的なタチウオジギングにピッタリのおすすめのタチウオジギングリールです。

バルケッタ BB 300HG

ギア比7.0
ドラグ力5kg
自重220g
糸巻量 PE(号-m)1.5号-200m
2号-150m

『Barchetta BB』は、釣りのプロからアマチュアまで幅広く愛用される汎用リールです。カウンター機能を備え、ジグのフォール速度を自在に調整可能。明るいLEDバックライトのカウンターは、夜間や暗い条件下でも見やすく、釣りの幅が広がります。シングルとダブルハンドルの2つのバリエーションで、自分の釣りスタイルに合わせて選べます。簡単な電池交換と長いクランクハンドルは、使いやすさを追求しています。タチウオジギングはもちろんのことメタルスッテ・ボートアジングなどにも対応した汎用性の高いベイトリールです。

ティエラ A IC 150H-DH

ギア比7.1
ドラグ力5kg
自重230g
糸巻量 PE(号-m)1号-400m
2号-200m

HYPERDRIVE DESIGNの進化で、基本性能を飛躍的に向上した新次元のベイトリール。
ICカウンターが快適なジギングをサポートしタチウオはもちろんのこと中型青物やマダイなどにも対応します。HYPER ARMED HOUSING(AL)ではフレームにアルミニウム合金を採用し剛性力をアップし力強く巻き上げ、コンパクトなホールド性能で楽な操作性。150サイズのラインキャパシティーで、幅広い水深に対応しています。。ICカウンターは巻上速度と落下速度を表示することができるのでヒットパターンの再現も可能です。

ダイワ(DAIWA)
巻取量:80cm
ギヤ比:7.1
自重(g):230g
最大ドラグ力(kg):5
標準巻糸量 PE(号-m):1-400/2-200
おすすめ

スパルタン IC 200H

ギア比6.3
ドラグ力5.0kg
自重230g
糸巻量 PE(号-m)2号-320m
3号-200m

『スパルタン IC』は、あらゆるライトゲームに適した高剛性ICカウンター付き手巻きリール。このリールは高い剛性をもつアルミフレームを採用しており、負荷に強くパワフルな巻上が可能です。LEDバックライトとタイマー表示機能が搭載され、操作がしやすくリアルタイムに投入時間を確認することができるのも良いところ。また、スーパースプールフリー仕様で高速仕掛け落下が可能。自分で電池交換も簡単することができます。ハンドルアームやハンドルノブのバリエーションも充実しているので自分のスタイルあった1台を選ぶことができますね。

オシアコンクエストCT 300HG

ギア比6.2
ドラグ力7kg
自重390g
糸巻量 PE(号-m)2号-380m
3号-240m
4号-170m

最新の「オシアコンクエスト」はフォールレバーとデジタルカウンターを組み合わせ、釣りの楽しさと効率性を高めます。HAGANEボディとマイクロモジュールギアは高い剛性と滑らかな巻き心地を提供し、カウンター機能はアタリを正確に把握します。フォールスピードの調整は新しいフォールレバーで簡単に行え、釣りの戦略が広がります。細糸にも対応し効率的なリーリングを実現します。高剛性のボディとマイクロモジュールギアの組み合わせにより、強力で効率的な駆動システムが実現されています。

タチウオジギングで大活躍!ベイトリールの選び方とポイントのまとめ

タチウオジギングは、その手軽さと釣果を上げやすいため多くのアングラーから愛されています。その魅力を最大限に味わうためには、適切なリールの選び方が欠かせません。

タチウオジギングでは、縦の動きを中心とした釣りが主流となるため、ベイトリールが特に推奨されます。これは、ベイトリールが手返しの良さを持っているためです。

リールを選ぶ際には、ギア比やハンドルの形状など、さまざまな要因を考慮する必要があります。リールの特性や、それに付随する機能をしっかりと把握し、自らの釣りのスタイルや好みに合わせて選ぶことが重要です。この記事が、あなたのタチウオジギングをより一層楽しむための参考となれば幸いです。

-タチウオ
-