カヤックフィッシング

モバイルバッテリーで魚探や電動リールを動かす方法を紹介

こんにちわ、家にいるとすることがなく工作に時間を費やしています。
今回はモバイルバッテリーで電動リールや魚探を動かす方法を紹介していきたいと思います。
一応、自己責任ということで何があっても補償は致しかねます、一応言っておきます。
メルカリでも販売している人がいますが、どうなんでしょう?
線切って端子つなげるだけなんで、だれでもできると思います。

モバイルバッテリーで魚探や電動リールが動かせるのか?

 

まずモバイルバッテリーのことを理解しておく必要があるのですが、モバイルバッテリーの出力は5Vです。

魚探や電動リールは12Vが必要ですので5Vから12Vへ昇圧してあげる必要があります。
俗にいうDCDCコンバーターが必要になります!デコデコとか呼ばれているものですね。
デコデコを手に入れるのも一つの手ですが昇圧回路が組み込まれているUSBケーブルが販売されているので今回はそれを使用したいと思います。

電圧ステップアップケーブルを用意する

アマゾンで安く手に入れることができる電圧ステップアップケーブルと呼ばれるものを購入します。
一応注意点としては必ず5Vから12Vへ昇圧できるものを選択することです、中には5Vから9Vへの昇圧ケーブルもあるので注意。
あとは出力のA(アンペア)を注意することです、これは自分が使用する機器のA(アンペア)を把握しておく必要があります。

計算方法 A(アンペア) = W(電力) ÷ V(電流)
例えば私が持っているガーミン585PLUSの電力は7.6Wです、電流は12V使用を想定します。
A(アンペア) = 7.6W ÷ 12V A(アンペア) =0.63A

1A以下なので理論上は何とか動きそうですね~。

ケーブルを加工する

では、早速作成していきます。

まず、ケーブルをぶった切ります。新品で買ったので勇気がいりますが切ります。

切った部分はいつの日かまた工作をするときに使えるかもしれないのでとっておきましょう。。

そんなことしないって人は捨ててもいいと思います。

被膜を剥いていきます!電工ペンチがあればめちゃくちゃ楽です。ない人はカッターナイフで切り込みをやさしくいれて剥きます。

赤がプラス・黒がマイナスが基本ですね、中華製なので反対かもしれませんが、とりあえず突き進みます。

接続端子を接続する

これは自分に合った接続端子を用意します。

私の場合は平面端子で統一しているのでこれにしているだけです。

 

用意ができたら接続をしてみよう!

あとは接続し電源を入れるだけです。
電圧は11.8Vと表示されていますので成功です!

しかし落とし穴が・・・

電源は付くことはつきますし、長時間放置していても落ちることはありませんでした。
でもこれ、振動子つないでいない状態のお話です。

振動子つながないと意味がありませんので接続をして実験してみましたところ、電源は入りますが数十秒で電源落ちます…。
要するに電流(アンペア)が足りないということになります。

電動リールでも同じことが言えて高負荷になると確実に落ちます。
その為、電源を入れることができるが実用性は無いという結果になります。

やっぱ2A以上出力のケーブルじゃないと無理なんだろうか・・・。
また、需要があれば試してみたいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でツリイキタイをフォローしよう!



-カヤックフィッシング

Copyright© ツリイキタイ , 2020 All Rights Reserved.