広告 タコ

【2024年版】堤防・防波堤用タコ釣り竿のおすすめ7選&選び方を紹介


タコって防波堤から釣ることができるの?

どんな竿を使えばタコを釣り上げることができるの?

おすすめのタコロッドがあれば教えてほしい。

関西で人気の高いタコ釣りは防波堤からも楽しむことができます。
足元に仕掛けを落として誘うだけでタコが釣れるということもあり誰でも簡単に挑戦することができるのも人気がある釣りである理由です。

今回は防波堤や岸からタコを狙うためのおすすめのロッドを紹介したいと思いますので是非参考にしてください。

堤防・防波堤用タコ釣り竿の選び方

堤防から狙うタコは壁やテトラポットの隙間や根付近など障害物に潜んでいることが多くロッドには強靭なバットパワーが必要になります。

張りつかれてしまうと引きはがすのに苦労してしまいますので掛けた瞬間に浮き上がらせることが非常に重要になります。

また、根や壁に張り付いてしまっても引きはがす力が必要です。

リールの種類から選ぶ

岸・堤防からタコを狙う場合、使用する仕掛けによりキャストをする場合と足元に仕掛けを落とす2種類のパターンがあります。

その為、スピニングとベイトの2種類が使用されます。

タコエギを使用する場合は広範囲をキャストをし狙う必要があるため、必然的にスピニングリールを使用することになります。

タコテンヤやタコジグを使用する場合は足元を狙う釣りになるためベイトリールがおすすめです。

タコエギ

タコエギは仕掛けをキャストし底を常に取った状態でタコを誘う仕掛けです。

その為、キャストがしやすいスピニングロッドがおすすめ。

ロッドの長さは飛距離を出すために8ft前後のものでエギの重さ40g前後をキャストすることができ尚且つバッドパワーのあるロッドが適しています。

バッドパワーのあるエギングロッド・シーバスロッドなどで代用することもできますがタコエギ用の専用ロッドはバッドパワーが違いますのでやはり専用ロッドを用意することをおすすめします。

タコジグ

タコジグは防波堤の壁沿いに仕掛けを落としてタコを狙う釣りです。

その為、ベイトロッドがオススメです。

壁にタコが張り付いてしまう可能性が高く無理やりにでも引き剝がす必要があるためロッドにはパワーが求められます。

また、足元を狙うため操作性のよい1~2m前後の短いロッドが扱いやすくタコエギロッドよりもさらにバッドパワーが求められます。

タコテンヤ

タコテンヤはエサとなる豚の脂身やカニやアジなどを取り付け底を狙う釣りになるためベイトロッドがおすすめです。

基本的にべた底でずるずると仕掛けを引き釣りタコを誘う釣りになるためバッドパワーはもちろん必要ですし張りのある粘り強いロッドがおすすめです。

万が一根掛かりをしてしまってもパワーでねじ伏せて根掛かりごと回収することもでき根に張り付いたタコも一気に引きはがすことができます。

その為、パワー重視のロッドを使用するようにしましょう。

堤防・防波堤用タコ釣り竿のおすすめ7選

堤防や防波堤でのタコ釣りには強靭なバットパワーを備えたロッドが必要です。

タコエギ用ではスピニングリール対応の8ft前後のロッドが適し、40g前後のエギをキャスト可能なモデルが理想的。

タコジグやタコテンヤ用には、根掛かりやタコを壁から引き剥がすためのパワーが要求されるため、1~2m前後の短くパワフルなベイトロッドがおすすめです。操作性とパワーを重視した選択が釣果を出す秘訣です。

きわダコ2

ショートレングスの足元に潜むタコを引き剥がす抜群のパワーのあるタコロッド。

ガイドにはダブルフィトガイドをセッティングしているため多少強引なやり取りでもラインブレイクすることなくタコを上げることができます。

レングスは90・110・130の3タイプより選択することができ鉛負荷はMAX100号まで対応しています。


プロマリン たこがかりEX 210

堤防からタコを狙いに最適な1本

張り付いたタコを引き剥がすために設計された硬調設計で強引に引き抜いても竿が折れることなくタコを引き上げることができるのが特徴です。

持ち運びしやすい2ピースロッドで適合鉛は20号~80号に対応。
自重は重いですがその分パワーがあるため大ダコもしっかりと上げることができるコストパフォーマンスに優れたタコロッドです。


タコスフィールド TKFC-762XH-HD

アブガルシアより発売されているタコ専用ロッド

グラスの含有量を高めることにより強度をアップさせトルクパワーを引き出すことによりへばりついたタコを引き剥がすことができます。
対応PEラインは2号~8号まで対応しているため岸からだけでなく船釣りでも使用することが可能。
また、自重はタコロッドながら200gと非常に軽量のため軽くてパワーのあるロッドを求めている方におすすめのタコロッドです。

ソルパラ 岸蛸モデル SPX-B702H/TACO

人気のソルパラシリーズのタコ専用ロッド

取り回しのしやすい7ft設計で足元に潜むタコをテクトロや壁沿いに仕掛けを落としてタコを狙うのに最適なモデル。
繊細なアタリをしっかりと察知するティップとタコを引き剥がすバットパワーを備えています。
持ち運びに便利な2ピース設計でPEラインも2号~5号まで対応しているためこれからタコ釣りをはじめる方におすすめの1本です。

クレイジータコスティック C702H

アルファタックルより発売されているタコ専用ロッド

PEラインはMAX10号まで対応しルアーウェイトも100gまで対応しているため様々な仕掛けのタコ釣りを楽しむことが可能。
柔軟な穂先は繊細なアタリをしっかりと感知し粘り強いバッドパワーで大型のタコにも負けることなく上げることができます。

ラグゼ オクトライズ B76XH

自重185gの超軽量モデル

扱いやすい7.6ftのショートレングスはタコ釣りの一連の動作を軽快にこなすことができバットに張りを持たせることによりタコのバラシを軽減することができます。

足元に潜むタコを一気に引き剥がすバットパワーとルアーに繊細なアクションを与えることができるオールラウンドに使用することができるタコロッドです。

エイトポッド 8P-762XHC

10㎏を引き上げることができる強靭なパワーロッド

クラス最高峰のパワーを誇りながらタコの繊細なアタリを感じ取ることができる穂先もおすすめのポイント。
しっかりとグリップを脇に挟むことができるため重い仕掛けを使用しての釣りも疲労を軽減し楽しむことができます。

岸釣り、船釣りとも使用することができキャスティングも対応したオールマイティに使用することができるタコロッドです。

堤防・防波堤用タコ釣り竿についてまとめ

今回、堤防・防波堤用タコ釣り竿について紹介しました。

タコ釣り竿を選ぶポイント

  • 仕掛けにより使用するロッドを選ぶ
  • タコエギはスピニングロッドがおすすめ
  • タコテンヤやタコジグはベイトロッドがおすすめ

タコは堤防や防波堤など身近なポイントで気軽に狙うことができますが釣り上げるために道具選びは非常に重要です。

根や壁に張り付いてしまった場合は強引にでも引き剥がさなければ上げることができませんので強靭なバッドパワーは必要不可欠になりますので専用ロッドでタコ釣りを楽しむことをおすすめします。

今回紹介させていただきましたタコロッドはどれもオススメで人気も実績も高いモデルばかりになります。

是非、堤防や防波堤でタコ釣りに挑戦してみてください!

-タコ
-