広告 クーラーボックス メバル

メバル釣りの必需品!2024年最新クーラーボックスおすすめ8選

今度、メバル釣りに行く予定ですがクーラーボックスを持っていません。

メバル釣り用のクーラーボックスの選び方とおすすめを紹介してくれませんか?

メバル釣りは通年楽しむことができ船からも堤防や磯からも狙うことができる人気のあるターゲットです。

釣ったメバルを新鮮に持ち帰るためにはクーラーボックスが必要不可欠となりますがサイズや保冷力やメーカーなどどれを選んでよいか迷ってしまう方も多いと思います。

今回はメバル釣り用のクーラーボックスのおすすめと選び方を紹介したいと思いますので是非参考にしてみてください。

メバルは煮つけにして食べると最高に美味しい!尺メバルを是非狙ってみてください!

メバル釣り用クーラーボックスの選び方

メバルは平均で20㎝と小型の魚で大型のメバルは尺メバルと呼ばれ30cm越えのサイズが釣れることもあります。

ここではメバル釣りに適したクーラーボックスの選び方のポイントをいくつか紹介したいと思います。

サイズから選ぶ

メバルは最大でも尺メバルと呼ばれる30cm前後の大きさの為それほど大きなクーラーボックスを用意する必要はありません。

堤防からメバル釣りを楽しむ場合は常に移動をするランガンスタイルの為持ち運びのしやすさを重視し6リットル~12リットルほどの小型のクーラーボックスがおすすめです。

また船釣りにおいては食料や飲料なども合わせて持ち込むこともありますので~15リットルほどの大きさがあれば十分に対応することができます。

あまり大きなサイズのものを選ぶとたくさんの保冷剤や氷が必要になり重くなってしまい持ち運びに不便になってしまいますのでメバル釣りは小型のクーラーボックスを選ぶようにしましょう。

保冷力から選ぶ

魚を新鮮な状態で持ち帰るためにはクーラーボックスの保冷力は必要不可欠です。

釣り用のクーラーボックスではシマノでは「ICE値」ダイワでは「KEEP値」の様に氷を何時間溶かさずに保てるかを数値化していますので、
保冷力の目安になるためとても選びやすいのが良いところです。

当然ながら数値の高いクーラーボックスほど保冷力と比例して価格も高くなりますので用途に合わせたクーラーボックス選びが重要になります。

1日~半日などでの釣行であれば15時間ほどの保冷力があれば十分ですし遠征の釣りでは40時間以上保冷力のあるクーラーボックスを選ぶのが良いでしょう。

断熱材から選ぶ

クーラーボックスの断熱材は保冷力に影響する素材で主に発泡スチロール・発泡ウレタン・真空パネルの3種類より発売されています。

発泡スチロール

発泡スチロールは安価で軽量で購入することができますが保冷力がそれほど強くありません。

半日~1日程度の釣行であれば発泡スチロール素材で対応することができますが1日超になると氷が溶けてしまいます。

その為、日帰りの釣りを楽しみたい方にお勧めの素材です。

発泡ウレタン

発泡ウレタンは発泡スチロールより価格が高くなりますが軽量で保冷力を十分に備えているのが特徴です。

1日~1日半の釣行を予定しているのであれば保冷力の高い発泡ウレタンを選ぶようにしましょう。

真空パネル

真空パネルは最も価格の高い素材となり重量はありますが高い保冷力が魅力的な素材です。

真空パネルはさらに全6面真空パネルや1面真空パネル+発泡ウレタンや3面真空パネル+発泡ウレタンなどの種類で販売されていて、使用パネル数が多いほど高価になり保冷力が高くなります。

その為、真空パネルのクーラーボックスは遠征での釣行や暑い夏に適したクーラーボックスになりますのでメバル釣りでの利用は少々オーパースペック気味となります。

しかし真空パネルの保冷力は魅力的ですので1面真空パネル+発泡ウレタンであれば選択する余地はありますので予算と相談して選ぶようにしましょう。

携帯性について

ランガンスタイルでの釣りでは常に移動を繰り返すためクーラーボックスの携帯性も重要です。

特にキャリー付きのクーラーボックスは移動時や持ち運びにとても便利ですのでオススメです。

またショルダーベルトや大型のハンドルが搭載されているタイプのものも持ち運びしやすくて良いでしょう。

特に釣り用のクーラーボックスでは釣り人のことを考え工夫されているものがほとんですので釣り具メーカーより発売されているクーラーボックスを選ぶようにしましょう。

メバル用クーラーボックスおすすめ8選!

ダイワ
クールライン GU800

ICE値
容量8リットル
重量2.0㎏
外寸22.5×37.5×25
内寸15×28×19
素材発泡ウレタン
おすすめポイント
  • 冷気を逃がさず魚を入れることができる投入口付き
  • 取り外し洗いやすいメンテナンスしやすい上蓋
  • 持ち運びに便利な大型ハンドル搭載


メバル釣りに最適なダイワのコンパクトクーラーです。

上蓋に投入口が搭載されているため冷気を逃さずにメバルをクーラーボックスへ入れることができるのが特徴。

内寸も28cmと広く作られているので尺サイズのメバルもしっかりと入れることができ20cm前後のメバルであれば5匹程度入れて持って帰ることができるのが良いところ。

上蓋を取り外すことができるので釣行後のメンテンナンスのしやすさもおすすめポイントです。

ダイワ
クールラインα ライトソルト S1000X LS

KEEP値26
容量10リットル
重量2.1㎏
外寸25×37×29
内寸17×26×22
素材発泡スチロール
おすすめポイント
  • 冷気を逃がさず魚を入れることができる投入口付き
  • ロッドスタンド×2と小物入れ付でランガンスタイルにピッタリ
  • 左右どちらからも開くことができる両開き上フタ

メバリングはもちろんアジングやエギングなどのライトゲームに最適なクーラーボックス

取り外し可能なロッドスタンドが2個と小物入れがついているため仕掛け交換やエサ付けの時に大切なロッドを傷つけることがありません。

また、小物入れにはフィッシュグリップやプライヤーなどを入れておくことができるのでとても便利。

収納力や保冷力も申し分なく半日~1日の釣行におすすめのクーラーボックスです。

ダイワ
クーラーボックス RX GU 1200X

KEEP値50
容量12リットル
重量3.7㎏
外寸27.5×43.5×31
内寸17.0×31.0×22.5
素材発泡ウレタン
おすすめポイント
  • 冷気を逃がさず魚を入れることができる投入口付き
  • 取り外し洗いやすいメンテナンスしやすい上蓋
  • コンパクトに収納できるロングハンドル

蓋に大型の投入口が搭載された冷気を逃さず魚を入れることができるクーラーボックスです。

高い保冷力が特徴で発泡ウレタンの断熱性で50h氷を溶かさずにキープすることができるのが特徴。

取り外し可能な両開きのフタに本体には水栓が搭載されているのでメンテナンスがしやすいところも良いところです。

重量はありますが大型のハンドルが搭載されショルダーベルトも搭載されているため持ち運びもしやすい保冷力の高いおすすめのクーラーボックスです。

ダイワ
クールラインキャリーⅡ S1500

ICE値35
容量15リットル
重量4.5㎏
外寸34×47.5×33.5
内寸17×36×23
素材発泡スチロール
おすすめポイント
  • 大型静音キャスターとキャリーハンドルで移動が楽々
  • 取り外し洗いやすいメンテナンスしやすい上蓋
  • 500mlのペットボトルを2本収納できるボトルホルダー搭載


改札を通ることができるサイズに設計された持ち運びしやすいキャスター+キャリー搭載のクーラボックスです。

電車移動や陸っぱりアングラーにおすすめで別売りのラゲッジネットと組み合わせればクーラーの上にバッカンやタックルボックスを乗せて運ぶことも可能。

椅子の代わりとしてクーラーボックスの上に座ることができる頑丈な設計もおすすめポイントです。

シマノ
フィクセル ライト 9L

ICE値23
容量9リットル
重量1.5㎏
外寸360×208×280
内寸259×143×220
素材発泡ポリスチレン
おすすめポイント
  • 冷気を逃がさず魚を入れることができる投入口付き
  • 踏んでも座っても問題ない堅牢ボディ
  • 抗菌剤を配合したインナーで常に清潔に使用することができる

軽量でコンパクトなライトゲームにピッタリのクーラーボックスです。

サイズ感としては500mlのペットボトルが8本入る大きさで最大25cmの魚をそのまま入れることができるのでメバル釣りにピッタリ。

ロングハンドルが搭載されているため持ち運びもしやすく軽量でおすすめのクーラーボックスです。

シマノ
フィクセル ライト RS 17L

ICE値35
容量17リットル
重量3.4㎏
外寸465×286×328
内寸331×197×245
素材発泡ポリスチレン
おすすめポイント
  • ロッドスタンドが2本付属
  • 取り外し洗いやすいメンテナンスしやすい上蓋
  • 踏んでも座っても問題ない堅牢ボディ

ICE値35と1日中氷をキープすることができる高い保冷力を持ったクーラーボックスです。

機能面ではロッドスタンドが2本搭載されているためロッドやリールを傷付けず仕掛けを交換することができるのが良いところ。

本体は抗菌剤配合のインナーを採用しているため清潔に保つことができ水栓も搭載されているのでメンテナンスしやすいのもおすすめポイントです。

伸和
ホリデーランドクーラー11H

容量11リットル
重量1.95㎏
外寸幅39.2×奥行22.2×高さ27.1cm
内寸幅31×奥行15×高さ20.5cm
素材発泡スチロール
おすすめポイント
  • 3000円台で購入できる圧倒的コストパフォーマンス
  • 水栓付きでメンテンナンスがしやすい
  • 付属のショルダーベルトで楽々持ち運び可能

3000円台で購入することができるコストパフォーマンスに優れたクーラーボックス。

3㎜厚発泡スチロールの断熱材で高い保冷力を発揮することができるのも特徴です。

内寸も31cmと非常に広く尺サイズのメバルも楽々入れることができるおすすめのクーラーボックスです。

サンカ
パラオ 12L

容量12リットル
重量約1660g
外寸W370×D265×H265
内寸W280×D175×H210
素材発泡スチロール
おすすめポイント
  • 2000円台で購入することができるコストパフォーマンス
  • 取り外し洗いやすいメンテナンスしやすい上蓋
  • 狭い場所でも開封できる天面バックル

2000円台で購入することができるコストパフォーマンスを求める方におすすめのクーラーボックスです。

500mlのペットボトルを11本収納することができる大容量のためメバルが大量に釣れても十分に対応することができます。

日本で製造されているため信頼性も高く軽量でとてもおすすめのクーラーボックスです。

メバル用クーラーボックスのおすすめと選び方のまとめ

今回、メバル用におすすめのクーラーボックスのおすすめと選び方を紹介させていただきました。

メバル用クーラーボックスを選ぶポイント
  • サイズは6リットル~12リットルの小型のクーラーボックスがおすすめ
  • 保冷力は半日~1日氷をキープできるタイプがおすすめ
  • 断熱材は発泡スチロールもしくは発泡ウレタンが軽量でおすすめ
  • 持ち運びしやすいようにキャリー付きもおすすめ

メバルのサイズは20cm前後がアベレージサイズで最大で30cmほどとなるためそれほど大きなクーラーボックスは必要ありません。

その為、6リットル~12リットルクラスのクーラーボックスであれば十分対応することができます。

船釣りでメバルを狙う場合であれば飲料や食料を持ち込むことを想定すれば15リットル前後のクーラーボックスを選ぶのも良いでしょう。

総合的に一番おすすめのメバル用クーラーボックスは?

今回紹介させていただいた中で総合的におすすめのカツオ用クーラーボックスは「ダイワ クールラインα ライトソルト S1000X LS」です。

おすすめポイント
  • 冷気を逃がさず魚を入れることができる投入口付き
  • ロッドスタンド×2と小物入れ付でランガンスタイルにピッタリ
  • 左右どちらからも開くことができる両開き上フタ

ライトゲームに最適なサイズ設計で取り外しすることができるロッドホルダーが2本と小物入れが搭載されているため船釣りでも陸っぱりからでも使用することができるのが良いところでしょう。

保冷力もKEEP値26と約1日保冷力をキープすることができるので半日から日帰りの釣りにも十分対応することができるでしょう。

今回、紹介させていただきましたメバル用クーラーボックスはどれもおすすめのものばかりでどれを選んでも間違いはありません。

是非、自分にあったメバル用クーラーボックスを手に入れてメバル釣りを楽しんでくださいね!

-クーラーボックス, メバル