広告 クーラーボックス

【2024年版】エギング用クーラーボックスのおすすめ8選&サイズ選び方も紹介!

\当サイトイチオシ!/

エギング用クーラーボックスを見る

エギングでアオリイカを釣りに行くのだけどクーラーボックスはどんなのが良い?

たくさん釣れたら困るからなるべく大きなサイズを選べば良いかな?

エギングはエギでアオリイカを狙うゲーム性が高く人気の釣りの一つです。

春は新子を狙うことができ秋は大物を狙うことができ長いシーズン楽しむことができます。

今回はエギング用にオススメのクーラーボックスを紹介したいと思いますので是非参考にしてください。

エギングに適したクーラーボックス

イカは鮮度が落ちやすいため、釣りあげた後はすぐに冷蔵保管する必要があります。

その為、釣ったイカを美味しくいただくためにはクーラーボックスは必要不可欠のアイテムになります。

その際に注意点としてはイカは水や氷に直接ふれるとイカの細胞が水を吸収してしまうことがありイカが変色してしまい美味しくなくなってしまいます。

釣れたイカは直接水や凍りに触れないようにジップロックやビニール袋に入れるようにしてからクーラーボックスに入れて保管するようにしましょう。

サイズ

エギングは常に移動を繰り返しランガンスタイルで釣りを楽しみます。
その為、あまり大きなクーラーボックスですと持ち運びに不便ですので小型のクーラーボックスが最適です。

目安としては10~20リットルクラスのクーラーボックスがおすすめ。

万が一、キロクラスのアオリイカが釣れたとしても大きさは30センチ前後ですので十分に入れることができます。

持ち運びやすさやイカの大きさや保冷力なども考慮し10~18リットルの小型のクーラーボックスを選択しましょう。

保冷力

クーラーボックスの保冷力は使用される断熱材により変わります。


真空パネル>発砲ウレタン>発砲スチロールの順に保冷力が高くなります。

もちろん、保冷力の高い真空パネルをお勧めしたいのですが価格が高価になり手が出しにくくなってしまいます。

また、真空パネルはスチロールと比較すると重量が重くなってしまいます。

エギングでは基本的には日帰りの釣りが多くなるためウレタン素材やスチロール素材のクーラーボックスで十分対応することができます。

目安としては24時間氷が溶けないことがおすすめ。


ウレタンもしくはスチロール素材で24時間氷をキープすることができるクーラーボックスを選ぶようにしましょう。

クーラーボックスを購入する際には各メーカーによりクーラーボックスの氷が何時間溶けないかを目安にした数値があります。

シマノI-CE値

クーラーボックスの容量の20%の氷を外気31度で1時間溶けずに保管することができた場合「1h」と表記しI-CE50と表記されている場合は氷を50時間溶けずに保存することができる。

ダイワKEEP

クーラーボックスの容量の25%の氷を外気40度の状況で完全に溶けきるまでの時間を表しておりKEEP50と表記の場合は50時間氷を保管することができる。

いずれも外気や氷の質、フタの開閉などで保冷時間は変化していきますのであくまでも目安として考えるようにしてください。

エギング用クーラーボックスのおすすめ9選!

クールラインα3 S1500X

エギング用クーラーボックス

ダイワのベーシックなスチロール製のクーラーボックスです。

サイズは10リットルから25リットルまであり、断熱材も真空パネルからスチロールまで揃っていますがエギングには15リットルのスチロールクーラーが最適です。

また、フタには冷気を逃がさずイカを入れるための小窓があるので、他の釣りにも使用することができ便利です。

多くのエギンガーに選ばれているクーラーボックスのため、迷ったらまずこのクーラーボックスをを購入することをおすすめ。

エギングだけでなく、アジングやメバリングなどの様々な釣りで使用することができるのでとてもお勧めのクーラーボックスです。

クールラインキャリーII 1500

エギング用クーラーボックス

クールラインキャリーIIはダイワより発売されているキャリーが一体型になったクーラーボックス。

底1面の真空パネルが採用されている為保冷力も高めです。

キャリー付のため持ち運びしやすいため氷や飲料などを入れておいても問題ないためランガンスタイルにぴったりのクーラーボックスです。

クールラインα ライトソルト 15L

エギング用クーラーボックス

ランガンスタイルに最適な15Lクーラーボックス。

クーラーボックスにロッドスタンドと小物入れが付属していて好きな位置に取り付けることができるので、自分好みにクーラーボックスをカスタマイズすることができます。

サイズ感や保冷力、カスタム性のバランスが良く使い勝手が非常に良いため、エギング用クーラーボックス選びに失敗したくない方にお勧めです。

プロバイザーHD ZSS1600X 

エギング用クーラーボックス

プロバイザーHDはダイワが販売するクーラーの中で最高峰のモデルです。

最高級モデルだけあって、6面真空パネルを搭載しており、夏の炎天下で1日釣りをしても保冷することができます。

ZSS1600XEXはエギングに最適なサイズで、ワンプッシュ投入口があるので、釣ったイカをすぐに投入することができます。

もちろん、イカだけでなくアジやメバルなどの魚に最適ですので保冷力を求めるならばプロパイザーHDを選べば間違いないでしょう。

フィクセル ライト 12L

エギング用クーラーボックス

フィクセルライトはシマノより発売されている12リットルの軽量でエギングにぴったりのサイズのクーラーボックスです。

2.5㎏と軽量で持ち運びしやすく尚且つ魚を投入することができる小窓が付いているのも特徴。

両開きの蓋は取り外し可能で水栓も付いているためメンテナンスしやすいところもおすすめポイントです。

フィクセル ライト RS17L

エギング用クーラーボックス

フィクセル ライト RS17Lは、ロッドスタンドが付属したクーラーボックスです。

磯や岩場に直接ロッドを置くと傷つきやすいので、ロッドスタンド付きのクーラーをおすすめします。

また、蓋に小さな投入口、サイドには水抜き栓が付いているので機能面でも優れています。

機能性も重視するアングラーにおすすめのエギング用クーラーボックスです。

フィクセル・プレミアム 12L

エギング用クーラーボックス

6面真空パネルを採用したエギング向けとしては最高峰のクーラーボックスです。

保冷力はクラス最高峰で最大で1日以上氷を溶けずに保管することができるため釣ったイカを新鮮な状態を保ち持ち帰ることができます。

両蓋取り外し可能で水栓付きのためメンテナンスももちろんばっちりのエギングでは最高峰のクーラーボックスです。

デンバーサーフ 12L

エギング用クーラーボックス

アステージより発売されているデンバーサーフはペットボトルを10本立てたまま収納できる12リットルのクーラーボックスです。

本体には投入口を装備し本体内トレーを内蔵。
外側には収納ポケットが装備されているため釣りに必要な小物を収納することができます。

機能面も充実したランガンスタイルにおすすめのクーラーボックスです。

クーラーボックスのカスタマイズもおすすめ

エギング用クーラーボックス

エギングを存分に楽しむのであればクーラーボックスにロッドホルダーが付いているとより便利に釣りを行うことができます。

堤防や磯などでちょっと仕掛けを変更したり休憩したり、イカが釣れた時にちょっとロッドを置いておきたい場面が必ず出てきます。

ロッドを直に地面におくとロッドやリールに傷がついてしまう恐れがありますし誤って踏んでしまって破損してしまうこと…。

ロッドホルダー付きのクーラーボックスを選ぶのも良いですし別売りでロッドホルダーが販売されていますので取り付けすることをおすすめします。

シマノ ロッドレスト スリム RS-C11N

ダイワ CPキーパー

エギング用クーラーボックスのまとめ

今回エギングにおすすめのクーラーボックスを紹介させていただきました。

エギング用のクーラーボックスを選ぶポイントは3点

ポイント

  • 大きさは10リットル~18リットルを選ぼう
  • 素材はウレタンかスチロールがおすすめ
  • 保冷力は24時間を目安にして選ぼう

エギングではランガンスタイルで常に移動をして釣りをします。
その為、持ち運びのしやすいように小型で軽いクーラーボックスを選ぶようにしましょう。

クーラーボックスの断熱材は価格と保冷力のバランスの取れたウレタン素材かスチロール素材がおすすめです。

今回紹介したクーラーボックスはサイズ・保冷力・価格いずれも手が出しやすくエギングにピッタリのアイテムですので是非、参考にしてエギングを楽しんでください。

参照

釣り上げたアオリイカの重さを調べるならデジタルスケールが必須!キロアップのアオリイカを狙おう!

アオリイカを確実にキャッチするためにはたも網が必要!

-クーラーボックス
-