amazonで釣具を探す

大物対応ジギングベイトリールの選び方!おすすめ最強のモデルを紹介!

青物を狙うジギングゲームで勝敗を決めるのがリールのドラグ力。

ベイトリールはドラグ力も強くジギングにおいては初心者でもとても扱いやすいリールです。
魚を掛けた後は根に入られるまでにいかに走らせず引きずりあげるかが勝負となります。

今回は大物を狙うためのジギングベイトリールを紹介します。

なぜベイトなのか?

ジギングベイトリール

ベイトリールを使用するメリットは巻上力がとても強くまたルアーフォールの操作性が良い点が特徴です。

ベイトリールはスプール軸とハンドルを回す回転方向が同じのためパワーロスが非常に少なく巻き上げることが出来るため重いルアーを使ったり深場狙いの大物狙いにとても適したリールになります。

フォール操作もクラッチを指一つで切るだけになり非常に操作しやすく最近のリールはフォールレバーと呼ばれる速度を調整する機能が付いているリールも発売されだしています。
フォールでバイトしてくることも多いためアタリを感じれば素早くクラッチを戻して合わせることが出来るのもベイトリールの利点になります。

最近のベイトリールは剛性、ドラグ力ともに性能が非常に高いため使い勝手が非常に良くなって来ています。特に縦の釣りはスプールが横に向いているベイトの方が巻き上げがしやすくスピニングとは違い楽に巻き取ることが出来ます。

巻き取る力が強い

ジギングベイトリール

ベイトリールは巻く力がダイレクトにギアに伝わる為、ジグを巻き取る際に軽い力で巻き上げることが出来ます。また、ハンドルも大型のものが多くとても握りやすく力を入れやすいものがほとんどです。
その為、大物がかかった際のパワーファイトを楽しむことが出来ます。

手返しが良い

ジギングベイトリール のクラッチ

活性が高い時は一度バレた魚も再度バイトしてくることもあります。

その時はあきらめずにクラッチを押すだけで糸を出すことができるため、素早く底に落とし再度狙い直すことが出来ます。ベイトリールは素早く攻めることが出来る攻撃的なリールです。

ベイトリールを選ぶポイント

糸巻き量

リールは番手が大きくなると巻くことができる糸巻き量が多くなります。

ジギングベイトリール

糸を多く巻く事により深場を狙うことが出来ますし、高切れによるラインブレイクでも余裕を持つことが出来ます。目安は2号300m巻くことが出来れば十分だと思います。同じ機種でも番手が小さくなると糸巻量が少なくなってしまいます、また番手が小さい方がお値段が安い傾向がありますがここは思い切って番手の大きいものを買うようにしましょう。番手が大きければその分糸を多く巻くことが出来るので様々な釣りに流用することが出来ます。

ドラグ力

1m近い魚はデカく重くなります。また、走り出すと凄まじいパワーで引き込まれます。

ドラグ力は強ければ強いほど魚の力を抑え込むことができキャッチ率を上げることが出来ます。

目安としては10kgを目安としてください。

ただ、ドラグを締めすぎるとラインブレイクに繋がってしまうためはじめはドラグを緩めに設定していき、魚とのやり取りをしている最中にドラグを締め込み調整をすることが魚をばらさない秘訣になりますのでいきなりフルマックスでドラグを締めつけておくのはやめておきましょう。

私は目安として初期設定は糸を力強く引っ張った時にドラグが出る程度に設定をしています。

剛性の高いリール

いくらドラグ力が高くてもリールの剛性が無ければリールが壊れます。

魚とのファイト中で気付きにくいですが剛性のないリールは本体が歪みます。

歪んだ状態で無理に巻き上げを続けるとメインシャフトに傷が付きます。

そこからギアにも影響を及ぼし巻くことが出来なくなり壊れる事となります。

もちろん、釣り上げられないことはないのですが、いずれは壊れてしまうため剛性がある強いリールを選ぶことが重要となります。

金属ボディのアルミ素材のリールは非常に剛性が高いとされておりますがお値段が高くなります、樹脂素材のリールでも十分剛性はありますが耐久性にやや不安があります。

剛性の高いアルミ素材のリールを選ぶ

左巻きか右巻きか

あなたは左利きですか?右利きですか?どちらの腕が力が入りますか?

基準はそこからです。

少し個人的主観を入れさせてください。

私は昔バス釣りをしてました。バス釣りは正確なキャストと手返しの良さが求められます。

利き腕でキャストしロッドを反対の手で持ち替えずに巻き上げを開始する事で手返しよく釣りができるのでバス釣りは左巻きがよく選ばれていました。おそらくシーバスもそうでしょう。

その為ベイトリールは左巻きが選ばれることが多くなったのではないかと勝手に思ってます。

利き手でないほうの手で巻くとぶれます。力が入れにくいです。

そのため、利き手で巻く方が力強く巻くことができるのです。

どちらが良いかは利き手で巻く方を選ぶのが間違いないと思います。

最近では私の場合左腕の軟骨を損傷させてしまったため左手で長時間ロッドを持つことが出来なくなってしまいました…その為、必然として左巻のリールばかり求めてしまいます。その分、スピニングリールは左にも右にも流用できるので最近はスピニングリールばっかり使ってます。

おすすめジギングリール

グラップラー 300HG

マイクロモジュールギア搭載!高剛性・高耐久ロープロジギングリール。剛性に優れる「HAGANEボディ」に「X-SHIP」、「マイクロモジュールギア」、「エキサイティングドラグサウンド」など先進の機構を搭載し、70mmのハンドルには「 CI4+」のラウンドノブを採用。

シマノ(SHIMANO)
¥24,658 (2022/01/26 21:00:37時点 Amazon調べ-詳細)
ドラグ力:7kg
糸巻量(PE):2-380、3-250、4-190
巻き上げ量:84cm
自重:325g

オシアコンクエスト300HG

船釣りの感覚を変一新する新次元の回転性能、滑・強・操の3大進化を遂げたフラッグシップ。
スロー系ジギングから、タチウオ、深場の鯛ラバまでをカバーする、オールマイティに使用可能なリール。

オシアコンクエストCT300HG

オシアコンクエストに、フォールレバーとデジタルカウンターを装備したモデルが登場。剛健で滑らかな駆動系統に次世代のフォール性能が加わり、フォールアクションを自在にコントロール。

シマノ(SHIMANO)
¥50,321 (2022/01/26 21:11:00時点 Amazon調べ-詳細)
ギア比:6.2
最大ドラグ力:7㎏
自重:390g
糸巻量:2-380,3-240,4-170
最大巻上力:84cm

キャタリナ 15H

ALTIGAの心臓部をそのまま移植、安心の堅牢ジギングベイト。オフショアジギング入門に最適なモデル。大型魚と対峙する強度を備えた堅牢アルミダイカストボディ。

ダイワ(DAIWA)
¥32,000 (2022/01/27 00:08:18時点 Amazon調べ-詳細)
ドラグ力:8kg
糸巻量(PE):2-500、2.5-400
巻き上げ量:99cm
自重:430g

オシアジガー2000NRPG

1500番はドラグ力が7.5kgより大物を狙うならば2000番一択。パワーギアかハイギアかでの選択では力負けしないようパワーギアを選択。巻き上げ量も95㎝もありこれは1500番台のハイギアに匹敵するため2000NRPGを選択すべきだと思います。

シマノ(SHIMANO)
¥43,559 (2022/01/27 00:08:19時点 Amazon調べ-詳細)
ドラグ力:10kg
糸巻量(PE):3-400 、4-300、5-220
巻き上げ量:96cm

ソルティガIC 300

PE1.2~2.5号を軸に近海ライトジギング全方位に対応するストロングモデル。テクニカルな操作性とダイナミックな巻き上げパワーでターゲットをねじ伏せる。

ダイワ(DAIWA)
¥56,990 (2022/01/26 21:06:36時点 Amazon調べ-詳細)
巻取長:84㎝
ギア比:6.3
自重:385g
ドラク力:10㎏
標準糸巻量PE:1.2-600/1.5-50/

ベイトジギングで大物を狙おう!

いかがでしたでしょうか?
いずれもレベルワインダーが無い機種となりますので糸巻き時気になられる方もいらっしゃいますが使ってみると全く気になりません。

こんな感じで山がちょっとできてしまいますけど再度落とした時に元に戻りますし全然大丈夫です。

結局のところ選択肢がかなり狭くなってますが大物を取るための装備は限られているということです。

参考にしていただければ幸いです♪

ありがとうございました!!

関連記事