amazonで釣具を探す

【2022年最新】チニングロッドのおすすめ9選!選び方釣り方について解説。

チニングロッド

チニングは河口や汽水域に生息しているクロダイ(チヌ)やキビレをターゲットとしたルアーフィッシングです。シーバスフィッシングと同様の場所で狙うことが出来る魚でルアー出気軽に釣ることが出来る為、近年注目されだしているルアーゲームとなり専用ロッドの沢山発売されだしました。

今回はチニングにオススメのロッドの選び方とオススメのチニングロッドを厳選して紹介したいと思いますので是非参考にしてください。

チニングロッドとは?

チニング

チニングロッドとは河口や汽水域や海に潜むクロダイやキビレをプラグルアーやワームを使用し釣るためのロッドです。

チヌ・キビレは大きいものだと50㎝を超えてくるため、引きのパワーは強烈のため大型のチヌにもしっかりと対応できるロッドを選択する必要があります。

チニングロットの特徴はルアーを繊細に動かしチヌの繊細なアタリをしっかりと捉えるためにロッドのティップ(穂先)は柔らかく、強烈な引きに対応するためにバットパワーのあるロッドであることが重要になります。

クロダイ・キビレについて

チニング

チニングのターゲットとなるクロダイ(チヌ)やキビレは小魚やカニなどの甲殻類など様々なものを捕食する雑食性の魚です。
見た目は非常に良く似ており違いはキビレはヒレが黄色いのがキビレ・ヒレが黄色ではないものをチヌと見分けると非常にわかりやすい魚です。

その為、使用するルアーは幅広く底をズル引きするワームから水面を狙うトップウォータープラグなど上から下まで探る必要があるため販売されているロッドの種類は沢山あります。

近年ではベイトフィネスの登場から軽いルアーもベイトリールでキャストすることが出来るようになっていますのでベイトタックルで楽しむという選択肢もありますし従来通りスピニングタックルでも楽しむことが出来ますので自分に合ったスタイルから使用するルアーを決めロッドを選択するのが良いでしょう。

チニングに使用する仕掛けや狙い方

チニングで使用するルアーは大きく分けて2種類ありプラスチック製でできたプラグルアーと柔らかい素材で作られたワームの2種類があります。

どちらのルアーでもチヌ・キビレを狙うことが出来ますが初心者にはまずワームを使用した釣りがオススメです。

アクションは特に必要なくキャスト後底をしっかりとりズル引きと言われる底を引きづるようにゆっくりと巻くだけでチヌを狙うことが出来ます。

慣れてきたころにはプラグルアーを使いチヌを狙うともっと楽しむことが出来るようになります!特にトップウォータープラグでは水面を爆発させたようなヒットシーンを目で見ることができ魚とのファイトを楽しむことが出来るのでおススメのルアーです。

チニングロッドの選び方

チニングロッドの長さについて

チニングロッドを選ぶ際はまずロッドは長ければ長いほど飛距離を出すことが出来るがその分操作性が損なわれてしまい短ければ短いほど飛距離は出せないが扱いやすいということを念頭に置いてロッド選びを始めてほしい。

チニングにおいて扱いやすい長さは7ft~7.8ftが扱いやすくルアーの操作性も良く飛距離も十分に出すことが出来る長さです。

特に河口や汽水域では周りに障害物が少なくキャストしやすい状況化であることが多いため、ロングキャストをしたいのであれば長めのロッドを選べば良いですし、ルアーを繊細に動かしたければ短めのロッドを選択するのがオススメです。

チニングロッドの長さのおすすめはルアーの操作性・飛距離を総合してい考えると7.6ftがオススメです。

チニングロッドの硬さは柔らかい表記順にL(ライト)・ML(ミディアムライト)・M(ミディアム)の3段階で販売されていることが多く、この硬さについては使用するルアーの重さが変わってきますのでルアーに合わせて選んでいきます。

尚、初心者にはML(ミディアムライト)の硬さがおすすめの硬さになります。
MLはチニングにおいていわゆる万能(オールマイティ)に使える硬さになりますのでMLのロッドが1本あればチニングを思う存分楽しむことが出来ます。

竿調子について

ロッドの曲がり具合を竿調子と言いますがチニングロッドにおいてのおすすめの竿調子は【ファーストテーパー】がオススメです。
ファーストテーパーはロッドの先端部分から曲がるロッドのですのでルアーを繊細に動かしたり小さなアタリをしっかりと捉えるのに向いた竿調子になります。

※現状竿調子についてはチニング専用ロッドが販売されているため特に気にしなくともチニングロッドにおいては大抵がファーストテーパーです。

ソリッドティップ・チューブラーティップどっちがいい?

チニングロッドの穂先には2種類あり、穂先が中空構造になっているソリッドティップと穂先が詰まっているソリッドティップの2種類があります。

チューブラーティップの特徴はロッド全体軽く作ることが出来るので軽量で張りが強い特徴があります。また、穂先からルアーにアクションが伝わりやすくを繊細に操作することが可能なのが特徴です。

ソリッドティップの特徴はロッド自体が曲がりたい方向に曲がりやすいのが特徴で、魚がルアーを食わえた時に違和感なく食い込ませることが出来るのが特徴です。
チヌ・キビレは小さなコツコツとしたアタリが多くルアーをじっくり食い込ませるためにソリッドティップの穂先の方が釣りやすいと言えます。

おすすめのチニングロッド

ダイワ チニングX76ML

ブレーディングXをブラックスに使用したダイワのチニングエントリーロッド。
高感度のチューブラートップの穂先はしなやかでクロダイのバイトを弾く憎く細身のグリップを採用することによりロッドをしっかりホールドしている。

76MLはボトムのズル引きからワーム・ブレード・プラグなどあらゆるルアーに対応するオールラウンドロッドのため初めての1本にオススメのチニングロッドです。

ダイワ(DAIWA)
全長:2.29m
継数:2本
仕舞:119㎝
自重122g
ルアー:4g‐18g

ダイワ  シルバーウルフ 710ML-S

高密度HVFカーボンを使用し更に高弾発で強く粘りのあるロッドに仕上がったシルバーウルフ。チューブラトップとソリッドティップの2種類のロッドが発売されており710ML-Sは張りのあるしなやかなソリッドティップタイプ。

2.29mの長さを活かしシャローエリアの開拓や堤防からのロングキャストで広範囲をサーチ。
バッドが強いロッドなのでルアーを遠くに飛ばすことが出来ソリッドティップの性質を活かし食い込みも◎

ダイワ(DAIWA)
全長:2.29m
継数:2本
仕舞:124㎝
自重:96g
ルアー:4~18g

メジャークラフト 3代目 クロステージ 黒鯛 CRX-T802ML

ブランクスに最新のテクノロジー【クロスフォース製法】を採用しよりシャープで強靭なロッドに仕上がった三代目クロステージ。

大河川の河口や干潟、サーフなどロングキャストが必要なポイントでオススメなモデル。
大型のクロダイは特に警戒心がつよく沖目に潜んでいることが多いのでキャスト性能が必要不可欠です。確実にフッキングまで持っていけるバットパワーもこのロッドの特徴です。

メジャークラフト トリプルクロスクロダイ  TCX-T762L黒鯛2ML

ブランクスに最新のテクノロジー【クロスフォース製法】を採用しガイドに軽量新型SIC(SiC-S)リング搭載のKシリーズガイドをセッティングしたモデル。

7.6ftは取り回しが良く扱いやすい長さでキャストフィールが抜群に良い。
ルアーウェイトも2g~10gまで対応しているため軽いルアーも投げやすくチニングゲームをオールマイティに楽しむことが出来るモデルです。

シマノ ブレニアスBB S78L

ブランクスにはハイパワーXを採用しキャスト時・ファイト時に発生するロッドのネジレを抑制しマイクガイドを採用することにより糸がらみを軽減。
S78-Lは全長2.34mのシリーズ内ではロングロッドに分類されるチニングロッドです。

ルアー重量が2~12gまでのため食わせやすい軽量のジグやプラグから重めのジグ・プラグまで対応した汎用性のあるモデルです。これからチニングをはじめる方にお勧めのエントリーモデルながら本格的な1本です。

シマノ(SHIMANO)
全長:7.8ft
継数:2本
仕舞寸法:120㎝
自重:97g
ルアー:2~12g

シマノ ブレニアス S80L-S

ブレニアスは柔軟なティップが特長のロッドでその柔軟性よりボトム感知力やレンジキープ力を高め、クロダイ特有のアタリに追従する食い込みの良さが特長なロッドです。

S80L-Sはロッドの長さを活かし、ジグヘッドやクランクベイトなどでボトム付近を探るのに適した1本、また岸壁やストラクチャー付近をフォールで狙う釣りにも最適です。

シマノ(SHIMANO)
全長:8.0ft
継数:2本
仕舞寸法:125g
自重:98g
ルアーウェイト:2~10g

オリムピック シルベラード GSIC-762ML

ワームなどを使用するボトムゲームを得意とするチニングロッドです。
張りのあるティップと独自のファーストテーパーによりルアーの操作感と高感度を実現。

ルアーウェイトが3~16gまで幅広くトップウォーター・クランクベイト・バイブレーションなどのルアーにも対応する汎用性の高いベイトロッドです。

アブ・ガルシア ソルティーステージ プロトタイプ クロダイXKRS-842ML

ジグヘッドでボトムをズル引きするのに最適なモデル。
また、ロッドのレングスを活かしロングキャストで港や河口域を広範囲に探ることが可能。

感度重視のチューブラトップを採用し大型サイズのクロダイにもしっかりと対応するバットパワーを有するボトムゲーム専用モデルです。

アピア グランデージ ライト 76

取り回しが良い7.6ftのロッドはしなやかなファストアクションに設定。
ブランクは張り感を強め特性を生かし3~7gのボトムコンタクト系ルアーやトップウォータープラグなどでの繊細なアプローチを可能とします。

チニングロッドでチヌ釣りを楽しもう!

チニングは河口や汽水域で誰でも手軽に楽しむことが出来るルアーフィッシングです。
ワームでの釣りはキャスト後底を取りゆっくりと巻くだけの釣りですので初心者でも簡単にチャレンジすることが出来ます。
慣れてくればトップウォータープラグでアクションをし食わせる釣りを楽しむことが出来るので是非チニングに挑戦してみてください!

カテゴリー:
タグ: