タチウオ

【タチウオ】ワインド釣法に使える!おすすめリールと選び方を紹介!!

投稿日:2017年11月30日 更新日:

タチウオをワインド釣法で使用するおすすめリールを紹介します。

道具の選択により釣果が左右される場合もあるので自分に合ったリールを
選んで行きたいと思います。

ワインド釣法のあったリール番手

 

まず利用するロッドが8ft~9ftほどあります。
それに合ったリールを選びましょう。

おすすめワインドロッドはこちらをご覧ください!

ワインドロッドの選び方!ワインド釣法で太刀魚を狙おう!おすすめロッドを紹介♪


あまり大きすぎるとジャークしにくいですし、
小さすぎるとバランスが悪いのでちょうど良いサイズがいいと思います。

2000番手~3000番手ぐらいがちょうどよいと思います。

また、自重については負担が腕に負担がかかりにくい軽い方がいいですが、
軽いリールになると素材がよくなるので高くなってしまいます。
ここはお値段と相談しながら選んでいくべきですね。

ローギア?ハイギア?どちらがいい?

 

ギア比とは一回の巻き上げでどれだけスプールを回転させることが、
出来るかを表した数値になり一回の巻き上げでどれだけ糸が巻き上げられるかということになります。

ローギアはパワータイプで巻き上げ量が少ないが力強く巻ける。
→抵抗が大きいルアーを使ったり、一定の速度で巻くときに適しているタイプ。

ハイギアはスピードタイプで巻き上げ量が多く、素早く巻けて手返しよく攻めれる。
→カバー打ち、高速リトリーブ等、スピード重視の釣りに適しているタイプ。

やはりここは手返しよく攻めれるという点からハイギアタイプをオススメしたい。

糸巻量はどれほどのものを選ぶべき?

 

ワインド釣法は遠投しますが100mもぶっとばすわけではありません。
50mも投げれれば上出来だと思います。

そこから底にルアーを沈めるので100mもあれば足りると思います。
ですがライントラブルも考えると150mほど巻いておけば安心ですね。

ラインの種類はPEラインを選択しましょう。
ナイロンラインだとルアーをダートさせたとき、
ラインが伸びるためダートが決まりません。

PEラインも伸びますがナイロンラインと比較するとほぼPEは伸びません。
号数は0.8号~1号を選んでおきましょう。



ワインド釣法おすすめリール シマノ

ナスキー C3000HG

最大ドラグ力:9kg
自重:250g
糸巻量(PE)1号-400m/1.5号-270m/2号-180m
1万円以下で購入できるシマノのエントリーモデル。 HAGANEギア・コアプロテクトの採用で耐久性も抜群。 ハンドルはキャップ式を採用。1台もっていて損はない。

アルテグラ C3000HG

最大ドラグ力:9kg
自重:240g 糸巻量(PE)1号-400m/1.5号-270m/2号-180m
シマノのミドルクラスリール、アルテグラ。 コアプロテクトをボディ部分とラインローラー部分に採用。 ハンドルはねじ込み式。メタルカラーが光り輝く。

ストラディック C3000HG

最大ドラグ力:9kg
自重:230g
糸巻量(PE)1号-400m/1.5号-270m/2号-180m
ワンピースベール・HAGANEボディを採用した本モデル。 ハンドルはねじ込み式。 永遠に変わらない巻きごこちを目指したストラディックで、 ワンランク上の釣りを。

ワインド釣法おすすめリール ダイワ

レブロス 3012H

最大ドラグ力:6kg
自重:295g
糸巻量(PE)1.5号-200m
低価格ながら実力・人気もあるエントリーモデル!

レガリス LT2500S-XH

最大ドラグ力:5.0kg
自重(g):205g
PE糸巻量(号-m):0.8号-190m、1号-140m
最大巻上長:87cm
見て良し、持って良し、回して良しの三拍子が揃ったモデル。

エクセラー 3012H

最大ドラグ力:7kg
自重:315g
糸巻量(PE)1.5号-200m

 

レグザ LT2500D-XH

最大ドラグ力:10.0kg
自重(g):235g
PE糸巻量(号-m):1号-360m、1.5号-230
最大巻上長:87cm
過酷なフィッシングシーンを想定し、開発されたタフさに優れる軽量小型スピニングリールがレグザ。アルミニウムを採用した堅牢ボディがタフデジギアをしっかり支え、マグシールドがその滑らかな回転を海水による塩ガミや異物の混入から守る。

ワインド釣法にあったリールを選んで釣りにいこう!

いかがでしたでしょうか。
個人的にシマノ派なのですがアルテグラいいですね…。
新しい道具をそろえてタチウオを釣りにいきましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でツリイキタイをフォローしよう!

関連記事


-タチウオ
-, ,

Copyright© ツリイキタイ , 2019 All Rights Reserved.