釣りのタックルや釣行記などの釣り情報サイト。

ツリイキタイ

鯛ラバ

失敗しないタイラバのラインの選び方!おすすめPEラインを紹介!

更新日:

画像出典:釣り具のポイント

今人気ゲームの「鯛ラバ」。ロッドやリールも大切だが最も重要視されるのがライン。
今回は鯛ラバのラインの選び方とおすすめ商品を紹介します。

鯛ラバラインの選び方

鯛ラバは仕掛けの鯛カブラを海底まで落とし一定の速度で巻き上げる釣りです。
シンプルな仕掛けで鯛を狙うとてもシンプルな釣りですがそのゲーム性の高さより抜群の人気を誇っています。

メインラインシステムはPEを選ぼう

鯛ラバのメインラインにPEがよくつかわれるのは引っ張りの強度が強くアタリが取りやすいからです。

しかしながらPEラインは擦れに弱い性質があり海底の岩や魚の歯で切れてしまうこともあります。
その擦れやすい性質を補うためにナイロンやフロロカーボンのラインリーダーと結束し強度を補います。

PEラインの太さ

鯛ラバのメインラインとして利用されるPEラインは各メーカより様々な号数で発売されます。
一般的に0.8号~1号がメインラインとして選んでおけばまず間違いないだろう。

何M巻いておけばよい?

釣行に向かう水深によりけりであるがまず200m巻いておきましょう。
最悪、ライントラブルによる切断があったとしても長さ100m以上残っていれば、
何とか1日凌ぐことも可能だろう。

PEラインはどれを選べばよいか?

PEラインは非常に高価なもので購入の際にまずその値段に驚いてしまうだろう。
まず、4本綴りと8本綴りで値段が大きく変わってくる。

強度で言えば8本綴りが強度が強くなる。

鯛ラバのメインラインは0.8号~1号を推奨するため、
強度に不安を持ちたくないのであれば8本綴りをお勧めするが、
絶対的に8本綴りではないといけないというわけではないので4本綴りでも問題はない。

予算が多く取れない方は勇気をもって4本綴りを選ぼう!

PEラインのカラーはどれを選べば良いか?

次にカラーは単色とカラーマーキング対応でも値段が変わってくる。
カウンター付きであれば棚がわかるので単色でも問題ないが、
カウンターがない場合はカラーマーキングで棚を把握することができる。

しかしながら見た目の問題なのか多くの人がカラーマーキングタイプを選択している場合が多い。
カウンター付きであれば単色を選択し節約することも大事だと私は個人的に思う。

ショックリーダーはどれを選べばよい?

 

次に根ズレと魚の歯による擦れによるラインブレイクを防止するために、
ショックリーダーは必ずつけておきたいところ。
ナイロンとフロロカーボンどちらを選べば良いか迷いどころだがここはフロロカーボンを選択しよう!

理由は単純にナイロンと比較した場合、ラインの伸び方率がフロロリーダーのほうが少ないため、鯛のバイトを感知しやするくなるからだ。

ショックリーダーは何号を選べばよい?

ショックリーダーを選ぶ際は2.5号(10lb.)~5号(20lb.)を目安に選ぼう。

PE0.8号→2.5号(10lb.)~3号(12lb.)

PE1号→3.5号(14lb.)~5号(20lb.)

あまり太いショックリーダーを選択してしまうと根がかりしたときに、ショックリーダーから切れずに、PEから切れてしまうことがありPEラインをロストしてしまう。

バランスに気を付けショックリーダーは選んで欲しい。

おすすめ鯛ラバPEライン

各メーカーより発売されている鯛ラバ専用ラインをいくつか紹介します。是非参考にしてみてください♪

鯛ラバPEラインを選ぼう!

出典:釣り具のポイント

シンプルだが非常にゲーム性の高い鯛ラバではライン選びが釣果に左右されます。
ただ巻くだけですが釣果の前提に道具選びはこだわりたいところ。

各メーカーより専用ラインが発売されてますので是非お気に入りのPEラインを見つけてください♪

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でツリイキタイをフォローしよう!

関連記事


アジングはじめてみませんか?

1

  各メーカーより発売されているアジングロッド。 種類、価格帯も様々ありどれを選んでよいか迷いどころ。 今回は ...

2

  アジングをはじめるにあたってどのリールを選べばよいか迷うところ。 今回はアジングのリールの選び方とおすすめ ...

3

画像出典:釣具のポイント これからアジングを始めようと思っているが、 いざ釣具屋に行ってもどの道具を選んでよいか全く解ら ...

4

  画像出典:釣り具のポイント 近年、各地でゲーム性の高さで人気のアジング。 今回はアジングのワーム選びについ ...

-, 鯛ラバ
-,

Copyright© ツリイキタイ , 2018 All Rights Reserved.