ジギング

ジギングで使うショックリーダーはどれがよい?選び方と今まで使ったショックリーダーを紹介!

 

ショックリーダーとはPEラインの先端にFGノットなどで結束させるラインのことで、魚の歯でラインが切れたり、岩などの摩擦でこすれてラインブレイクを防ぐためのラインです。
ジギングで使えるおすすめのショックリーダーをいくつか紹介したいと思います。

なぜショックリーダーが必要なのか?

 

PEラインはショックリーダーに比べ摩擦に弱く伸縮性が低いため、ショックリーダーがなければ根ずれによるラインブレイクを引き起こしたり、魚の強烈な引きによりドラグが耐え切れずにラインブレイクを引き起こす可能性があります。

そのため、ジギングを行う際は必ずショックリーダーを使用することをおススメします。

ショックリーダーの選び方

 

ショックリーダーを選ぶ際は使用されている素材から選択をします。

ナイロン製

伸びがありしなやかで結束しやすいのが特徴。
非常に安価で手に入れやすいが劣化が早いため基本的には使い捨てで使用するのが無難。
明らかに根がない場所で使用するならばナイロンがオススメ。

フロロカーボン製

ナイロンと比べ丈夫に作られているため表面が傷つきにくく根ずれにも強い。
ナイロンと比較すると価格が高いが確実に大物をキャッチしたいなら間違いなくフロロカーボン製がオススメです。

 

シーガー フロロショックリーダー

 

安価で手に入るフロロカーボンのショックリーダー
ジギングを始めて色々買わないといけないときに価格に魅かれて購入。

元々、磯釣り経験があった私としてはハリスと言えば「シーガー」というイメージしかないので非常に安心して使えた。

ただし、巻量が非常に少ない。
8号で15mしかないので数回使用しただけでなくなってしまうのが欠点だと思う。
ライン自体の性能は非常によき!15m以上で価格もそのままだったらリピートしても良いと思う。

 

VARIVAS フロロカーボンショックリーダー

この見た目で選ぶ方も多いのではないでしょうか?また数多くのブログでも紹介されているVARIVASのショックリーダー。
VARIVASってバス釣りのイメージがあるのは私だけでしょうか?とにかくどのブログを見ても必ず一回は見るし釣り具屋にも絶対ある。
メートル数もありフロロカーボンということもあり値段がそこそこする。

それだけ紹介されているならいいんだろうと思い買って見たがとにかくいい思い出がなく切れる。
30mあるが2回の釣行で無くなった為、すぐ切れるしコスパ悪いというイメージがこびりついてしまった。

デュエルCN500

フロロカーボンとナイロンが合わさったカーボナイロン素材のライン。
数多くのブログで紹介されていてコストパフォーマンス最強と言われているショックリーダー。
500mあり1000円以下で買えてしまいもはや異常

実際使ってみたが、非常に良い!
80㎝クラスの鯛を釣った時も70㎝クラスのシーバスを釣った時もこのショックリーダーだった。
しかも500mあるので釣行ごとにショックリーダーを交換しても全然減らない。

さすがに500mそのまま持っていくことはできないので、昔に使っていたハリスを巻いてたスプールに何十メートルと巻いて携帯しています。

私はポンド数を合わせるため8本綴りの1.5号のPEラインにCN500の8号を使用しているがこのラインは10号までしかない。
ライトジギングには非常によいショックリーダーだと思うけどそれ以上の号数がないので今後どうしようか迷い中。

 

 

30LBまではCN500が最強でこれ一択、2号~10号まで販売されているので私は今後もCN500を使用し続けます。

10号以上のショックリーダーがまだ決め切れていないのですが(それ以上の号数を使う釣りに行く機会があまりない)
また機会があれば追記したいと思います。

ライトジギングにお勧めのショックリーダーはCN500です。
これは間違いないと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でツリイキタイをフォローしよう!



-ジギング

Copyright© ツリイキタイ , 2020 All Rights Reserved.