amazonで釣具を探す

オモリグ用スピニングリールのおすすめ6選!選び方や番手を紹介

イカを狙う時はイカメタルが主流のイカ釣りでしたが近年、オモリグでイカを狙う釣りが流行りだしてきました。今回、オモリグで使用するおすすめのリールを紹介したいと思いますので是非参考にしてください。

オモリグに適したリールの選び方

オモリグにはスピニングリールがオススメ

オモリグに適したリールはベイトリールよりスピニングリールが適しています。

理由はオモリグはバーチカルの釣りではなくキャストをして広範囲に探る釣りのためキャスト性能が必要になるため、スピニングリールを使用します。

オモリグには剛性力のあるリールを選ぶ

使用する鉛はその日の状況によりますが15号~40号の重めの鉛をキャストし巻き上げます。

巻上時にワンピッチジャークで誘いを入れるため、スピニングリールには剛性力と巻上パワーのある比較的大型のスピニングリールが必要になってきます。

40号の重りは約150gとかなり重くなるので剛性力のないリールを使用するとリール自体が歪みが出てしまいしっかりと巻くことができず壊れてしまいますので剛性力のあるリールを選びましょう。

オモリグに適したリールの番手

リールの番手としては3000~5000番手のリールが最適です。

ベストの番手は4000番手が扱いやすくパワーもあり重量も軽くバランスが良いと思います。
さらにパワーを求めるならば5000番手でも問題ありませんがリールの自重に注意が必要です。

また、3000番手でも十分に楽しむことができますが剛性力のリールを選ぶ必要が出てきます。
あまり安もののリールですと巻上に苦労して釣りを楽しむことができなくなってしまいますので注意しましょう。

ギア比の選び方

オモリグに適したギア比ですが基本的に手返し良く釣りを楽しむことができるハイギアを選んでおけば問題はありません。

しかし大型のイカが掛かった場合はリールに負荷が掛かり、やり取りに苦労する場合がありますので大物狙いであればパワーギアを選択しても全く問題がありません。

このあたりは好みの問題になってしまいますのでどちらの選択でも間違いではありません。

まずはハイギアリールを選択しタックルをもう1本必要になった場合に違うタイプのタックルを用意するとより楽しむことができるようになりますのでその際にパワーギアのリールを選べば良いと思います。

オモリグにおすすめのシマノのリール

シマノ アルテグラ4000XG

21年にリニューアルされたアルテグラはミドルクラスながらフラッグシップモデルに搭載されている機能が惜しみなく搭載されたおすすめのオモリグリールです。

HAGANEボディにHAGANEギアを採用し剛性力も高くマイクロモジュールギアⅡで軽快な巻心地を楽しむことができるコストパフォーマンスに優れた1台です。

シマノ(SHIMANO)
ギア比:6.2
実用ドラグ:6㎏
最大ドラグ力:11㎏
自重:270g
糸巻量(PE):1-490,1.5-320,2-240
最大巻上長:101㎝

シマノ ストラディック SW4000XG

そこそこいいリールを求めている方にはストラディックSWがおすすめ。
軽い巻心地ながらパワフルに巻くことができるインフィニティドライブ機構を搭載し魚に主導権を渡すことなくファイトを楽しむことができる1台。

防水性性能も非常に高く内部に海水が入りにくい機構を採用している為、リールの耐久性も高く長く使用することができるのも特徴です。

シマノ(SHIMANO)
ギア比:6.2
実用ドラグ:6㎏
最大ドラグ力:11㎏
自重:300g
糸巻量(PE):1-490,1.5-320,2-240
最大巻上長:101㎝

シマノ ツインパワーXD4000XG

ツインパワーXDはシマノのハイエンド機種のクイックレスポンスシリーズとして発売されていて軽量で剛性力もあり力強く巻き取ることができるリールです。

オモリグは一日中シャクリ続けるためリールの自重も大切ですが剛性も非常に重要なポイントです。
ボディ素材にはシマノ独自のCI4+カーボン素材を使用している為軽量ながら剛性力の高いリールを実現しています。

高次元のリールでオモリグを楽しみたい方におすすめの1台です。

シマノ(SHIMANO)
ギア比:6.2
実用ドラグ:6㎏
最大ドラグ力:11㎏
自重:245g
糸巻量(PE):1-490,1.5-320,2-240
最大巻上長:101㎝

オモリグにおすすめのダイワのリール

ダイワ レグザLT4000-CXH

レグザはボディ素材に剛性力の高いアルミを採用したタフに使用することができるリールです。

アルミ製のボディでギアをしっかりと支え、マグシールドで内部へ海水や異物が侵入しないよう堅牢に設計されています。

価格帯も手が出しやすく頑丈なリールを求めている方におすすめのリールです。

ダイワ(DAIWA)
ギア比:6.2
最大ドラグ力:12㎏
自重:275g
糸巻量(PE):1.5-430/2-300/2.5-260
最大巻取長:99㎝

ダイワ カルディアLT4000-CXH

カルディアはダイワの代表格であるモノコックボディを採用することにより大きなドライブギアを搭載することができ剛性力・パワー・回転性能を大きく向上させた次世代モデルです。

ボディにはダイワ独自のカーボン素材ザイオンVを採用し強くて軽いリールに仕上がっています。
4000番手で230gは非常に軽い部類に入りますので安くて軽くて強いリールを求めている方におすすめの1台です。

ダイワ(DAIWA)
ギア比:6.2
最大ドラグ力:12㎏
自重:230g
糸巻量(PE):1.2-310/1.5-200/2.0-170
最大巻取長:99㎝

ダイワ セルテートLT4000-CXH

19セルテートはボディ素材にアルミを採用し剛性力を高め自重の軽量化に成功した軽くて強い高次元のリールです。
巻心地も軽く巻上パワーも非常に強くダイワLTコンセプトである軽くて強いを忠実に再現しています。
オモリグではMAX40号と非常に重いオモリを使用しシャクリ上げる必要がありますが、重さをものともせず軽快に巻くことができるのはセルテートながらの強さです。

ダイワ(DAIWA)
ギア比:6.2
最大ドラグ力:12㎏
自重:235g
糸巻量(PE):1.5-200
最大巻取長:99㎝

オモリグ用リールについてまとめ

オモリグはイカを狙う新しい釣法で近年人気のある1種の釣りです。
イカメタルでもスピニングリールを使用することが多いため兼用として1台スピニングリールを持っておくことをおすすめします。

番手は少し大きめのサイズになりますが4000番手は汎用性が高くライトジギングやサーフやショアジギングなどにも使用することができるので釣りの幅をさらに広げることができるのでとてもおすすめです。

是非、今回紹介したリールでオモリグを楽しんでください。

関連記事