仕掛け

号数をグラムに直すと何グラム?グラム換算方法を徹底解説!

投稿日:2017年11月6日 更新日:

釣りを始めるとよく目にしたり、聞いたりするって一体何gの事を言っているのか気にしなったことはありませんでしょうか?
号数表示をされると何グラムまでの重りに対応できるのか解らなくなり竿選びに困ったことありませんか?
また、ウキ釣りでウキがうまく立たなかったとき、どれくらいオモリを足せばいいのか困ったことありませんか?

何かと号で表示される釣り用語の重さの表示ですが今回は1号って何グラム?と言うことで解説していきたいと思います。

号表記の由来

元々の由来は日本の尺貫法における質量の単位で、匁(もんめ)=3.75グラムと規定されていました。

その後、計量法が制定され尺貫法の単位を使うことが、出来なくなったため漁師たちが呼び名を変えて使用し、
1号=3.75グラムとなっているようです。

規格はあるの?

 

JIS企画等があるわけでもなく大体なので各メーカー多少のばらつきはあるみたいです。

号数早み表

早見表を作成しましたのでご参考いただければと思います。

号数 グラム
1 3.75
2 7.50
3 11.25
4 15
5 18.75
6 22.50
7 26.25
8 30.00
9 33.75
10 37.5
15 56.25
20 75.00
25 93.75
30 112.5
35 131.25
40 150.00
45 168.75
50 187.50

まとめ

 

1号は3.75gです!

私はよくタチウオの船に乗るのですが、40号=150gのオモリを使っていることになります。
タコテンヤだと50号を使用するので約187.5gのオモリを使用していることになりますね。

ロッド選び・仕掛け選びの参考にしていただければと思います!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でツリイキタイをフォローしよう!

関連記事


-仕掛け

Copyright© ツリイキタイ , 2019 All Rights Reserved.