amazonで釣具を探す

投げ竿のおすすめ11選。いろいろな魚を狙える万能竿。

海釣りでいろいろな種類の魚をターゲットして楽しむことが出来る【投げ竿】は堤防や港などでのちょい投げやサビキ釣りやサーフで遠投をしてキス・カレイ・ヒラメやシーバスなどの大物を狙ったり幅広く楽しむことが出来るためいろいろなモデルの投げ竿が販売されています。そのため、投げ竿を購入する際には対応の錘号数・並継タイプ・振出タイプロッドなど沢山の種類が販売されています。

そこで今回は、投げ釣りに適したオススメの投げ竿の選び方を紹介しますので是非参考にしてみてください。

投げ竿とは?

投げ竿とは主にスピニングリールと組み合わせて仕掛けを遠くへ投げて釣りをするために仕様する竿です。投げ釣りと言っても様々なスタイルで楽しむことが出来、堤防や港・地磯から狙う【ちょい投げ】の釣りから、砂浜から重い仕掛けを大遠投し楽しむ【サーフフィッシング】やサビキ釣りをしたり様々なスタイルがあります。

釣ることが出来る魚も幅広く、サビキでアジ・サバを狙ったり、まきエサでシーバスを狙ったり、飲ませ釣りで大型の青物を狙ったり、サーフからキス・カレイ・ヒラメなどの釣りを楽しむことが可能です。

投げ竿は気軽に楽しめるように安価でコンパクトなタイプからプロの釣り師が使用するような本格的なモデルまで様々の投げ竿が販売されています。
投げ竿の選ぶポイントとしては長さや投げる錘の号数、ターゲットにする魚の種類、ポイントなどを考慮して選択する必要がありますのでよく考える必要があります。

投げ竿を長さで選ぶ

投げ竿の長さは一般的に3~4.5mが主流で5m超のものもあります。
投げ竿は長さの反発力を活かして仕掛けを遠くへ飛ばすことが可能です。長ければ長いほど遠投能力は高くなりますが、長い投げ竿は扱いが難しくまた自重が重くなるのでとても扱いにくくなります。そのため、自分に合った適切な長さの投げ竿を選ぶ必要があります。

また、釣りのポイントでも投げ竿の長さは重要になります。3m超のロッドは長く取り扱いは周辺に最新の注意が必要になります。堤防でのちょい投げ仕様であれば3m~4mほどの長さが扱いやすく、サーフで大遠投をする釣りであれば周りを広く使えるので4m~5mの長い投げ竿がオススメです。

初心者へのおすすめは遠投能力は落ちてしまいますが3.3m~3.8mの間の投げ竿が扱いやすく様々な釣り場で使用することが出来るのでオススメです。

投げ竿を号数で選ぶ

投げ竿にはその竿に合った適正号数【錘負荷】があります。大遠投をする投げ釣りではこの適正号数が重要になり、適した錘を使用して投げなければ思ったより飛距離がでなかったり重すぎるとロッドを破損してしまうことがあるため注意が必要です。

重さの計算方法ですが1号は約3.75グラムになります。
投げ竿の号数表記は20号~30号などと記載されておりこの場合適正号数は25号となります。

重さを数値化すると約93.75グラムになりますのでこの場合重い錘を投げることが可能です。反対に20号以下の軽い錘を使用すると投げ竿の性能を十分に発揮させることが出来ず飛距離を出すことが出来ませんので投げ竿の号数【錘負荷】は非常に重要なポイントとなります。

投げ竿を継ぎの種類で選ぶ

並継竿

並継竿(なみつぎ)は竿が複数本に分かれていて繋げて使用するタイプの投げ竿です。並継竿は1本竿に近い感度や強度を出すことができるためプロが使用する競技用や高級なモデルであることがほとんどです。

並継のデメリットとしては釣り場に行くまでに仕掛けをセットして持ち運ぶことがしにくい点や継ぎ目をしっかり差し込んでいなければロッドを破損してしまったり、反対にしっかり差し込みすぎて固着して抜けなくなってしまうこともあります。

また、仕舞寸法が長くなってしまうので持ち運びや本数が多くなるため収納面では不便さを感じます。ただその分、良い道具であることは変わりはありませんので気持ちよく釣りを楽しむことが出来ると思います。

振出竿

振出竿はロッドを伸縮させてロッドを長くつなげていくタイプの竿です。
並継竿と比べると感度や強度は劣りますが持ち運びがしやすく、コンパクトにしまうことが出来るので仕掛けを事前にセットしておくことも可能です。

投げ竿においてはこの振出竿を選ぶのが一般的で価格も1万円以下で購入できる安価なものから3万円超するハイエンドモデルまで沢山の種類が販売されていますのでまずは振出タイプの投げ竿を選ぶことをおススメします!

おすすめの投げ竿

シマノ (SHIMANO) 投げ竿 ホリデースピン 385EX

シマノの投げ釣りエントリーモデル!

全長3.85mは初心者にも女性にも扱いやすい長さで初心者にもオススメの投げ竿。カーボン反発を活かした設計と特殊な表面仕上げで軽量化されわずか360gと軽量。1万円以下で購入でき、堤防・サーフ・磯で様々な釣りで楽しむことが出来るコストパフォーマンスに優れた1本です。また、グリップエンドにはキャスト時コントロールがしやすいようにキャスコングリップが採用されているのが特徴です。

シマノ(SHIMANO)
全長:3.85m
継数:4本
仕舞寸法:109㎝
自重:360g
錘負荷:20~30

サーフチェイサー405DX-T

ブランクスにハイパワーXを採用しキャスト時やファイト時に発生するロッドのネジレを極限まで抑え込む構造。本格的に投げ釣りを楽しめるオールラウンドモデル。

シマノ(SHIMANO)
全長(m):4.05
継数(本):4
仕舞寸法(cm):116.0
錘負荷(号):23~30
標準錘負荷(号):27

サーフリーダー 405BX-T

初めての方にも中級者の方にもお勧めできるロッドがサーフリーダー。ロッド自体の自重の軽量化を含め全体のバランスを見直し軽快なキャストが可能になった1本。振出竿の中でもさらに投げやすさを感じられます。ロッド技術では定番のハイパワーXに加えて誘導式ガイドの遊びを抑止するトータルガイドホールドシステムを採用、遠投性能力を引き出すためキャスコングリップなど投げ竿にも取られる基本スペックを搭載。

シマノ(SHIMANO)
全長(m):4.05 / 継数(本):4
仕舞寸法(cm):115.0
自重(g):430 / 先径(mm):3.0
錘負荷(号):27~35
標準錘負荷(号):33

リバティクラブ サーフT 25号-390・K

気軽に投げ釣りを楽しみたいならリバティクラブがオススメ、ブランクスにはブレーディングXを採用し細身ながらしっかりと高い強度を確保。
また、25号~30号は元ガイドを折りたたむことが出来破損の防止にも携帯性にも優れる。グリップエンド部分にはゴム製のリトルセンタータッチグリップを採用ししっかり握り込むことが出来竿を立て掛けても滑りにくいのが特徴。

ダイワ(DAIWA)
全長:3.90m
仕舞:109cm
継数:4本
自重:415g
先径:2.5mm / 元径:23.6mm
錘負荷:20-30号

プライムサーフ T 25号-405・W

低価格帯で購入できるのが魅力的なダイワのエントリー用の投げ竿。全長405mは取り回しが良く扱いやすい長さで仕舞寸法も112cmと短くコンパクト。

ブランクスにはダイワのカーボンテクノロジーである【高密度HVFカーボン】を採用し高弾発で本格的な投げ釣りを楽しむことが出来るロッドです。

また、ガイドにはファインピッチガイドロックを作用、ガイドの内側の細かく溝を切りガイドをガッチリとガード。振出竿にありがちなガイドのズレを防止しストレスフリーでフルキャストすることが出来ます。

ランドサーフT 30号-405・J

投げ釣りの醍醐味を存分に味わえる振出ロッドの定番モデル。


ブランクスにX45を採用しロッドのネジレを徹底的に抑え込み操作性・パワー・安定性を向上。高密度HVFカーボンを採用することにより細く強いブランクスに仕上がっています。
遊動式ガイドにはファインピッチガイドロックを採用しガイドがずれることなくホールドされてロッド本体の曲がりに影響されない構造になっています。

ダイワ(DAIWA)
全長(m):4.05
仕舞寸法(cm):114
継数(本):4
自重(g):405
先径/元径(mm):2.8/23.7
おもり負荷(号):25-35

エクストラサーフT 25号-405・K

エクストラサーフの血統を受け継ぎお値段そのままでシャープな振り抜け感と食い込みの良さ・軽さ・携帯性を実現、投げ釣りの多様な楽しみ方に応える性能を備えたオススメの1本。
ファインピッチガイドロック・遊動Kガイド・グリップ力の高いリトルセンサータッチグリップなど充実の装備でキス釣りから大物狙いまでサーフフィッシングを存分に楽しめます!

ダイワ(DAIWA)
標準全長:4.05m / 仕舞:114cm
継数:4本 / 標準自重:365g
先径:2.0mm / 元径:23.7mm
錘負荷:20-30号

ダイワ パワーキャスト 27-405 

投げやすさ扱いやすさを重視した並継投げ竿

パワーキャストの特徴である並継仕様の投げ竿は錘の乗りが良くリリースするタイミングが取りやすく高密度カーボンHVFを使用し軽さ・パワーを両立。振出竿からステップアップしたい方やこれから投げ釣りを始める方に是非おすすめ!

ダイワ(DAIWA)
全長(m):4.05
仕舞(cm):142
継数(本):3
自重(g):390
先径/元径(mm):2.6(2.5)/22.0
オモリ負荷(号):23-30

ダイワ キャスティズムT 20−385

オレンジ色のブランクスがとても高級感があるキャスティズム。
ダイワが持つ投げ釣りのノウハウを生かしショートレングスで振出ロッドの軽快さと機動力を実現。
ショートレングスロッドは狙いを定めて正確な場所にキャストがしやすくなります、また、自重が軽いロッドのため軽快に仕掛けを投げることが出来るので人には届かない魚や様々な魚種の魚を狙くことが可能になります。

ダイワ(DAIWA)
全長(m):3.85 / 仕舞(cm):141
継数(本):3 / 自重(g):300
先径/元経(mm):1.7/22.0
錘負荷(号):10~25

CB サーフレイダー

コストパフォーマンスで有名なプロマリンから販売されている投げ竿、価格の安さから初めて投げ釣りをはじめたいかたにお勧め。キス釣りから泳がせでの大物狙いまで様々な釣りでオールラウンドに使用できる1本です。

PRO MARINE(プロマリン)
全長m:3.90
継数:4
仕舞寸法cm:111
自重g:375
先径/元径(mm):2.9/25.5
適合鉛(号):15~25

INGRAM SURF 27 3904

オールステンレスSIC採用!

細身のブランクスは適度な張りと粘りをもたせ高いキャスティング性能と高感度を実現しているため小さなキスのアタリでもしっかりと捉えます。7点ガイドにはKガイドを使用し糸がらみしずらくストレスのない快適な操作性を実現。

宇崎日新
全長:3.9m
継数:4
仕舞寸法:115㎝
自重:305g
錘負荷:20‐27

投げ竿で釣りを思う存分楽しもう!

投げ竿には主に並継竿と振出竿の2種類があり狙う魚や釣りをする場所で長さを変えたり錘号数を変更したりする必要があります。長い竿は遠投性に優れますが初心者には取り回しが難しく扱いに行く場合がありますので自分に合った長さの竿を選ぶことが大切です。
是非、今回紹介した投げ竿よりお気に入りの1本を見つけてください!

カテゴリー:
タグ:
関連記事