広告 カヤックフィッシング

【2024年】カヤックにおすすめのシューズ10選!選び方や人気メーカーを紹介!

カヤックを楽しむときは専用のシューズを選んで安全に配慮することが大切です。ここでは、カヤック用シューズの選び方や、人気のブランドをご紹介したいと思いますので是非参考にしてください。

パドリングシューズの選び方

カヤックを楽しむ場合、適切なシューズ選びが重要です。

パドリング用のシューズは足にぴったりフィットし、脱げにくい設計が魅力。さらに速乾性も兼ね備えているため、水辺から陸上への移動もスムーズです。

このようなカヤックシューズは、水遊びや様々なマリンスポーツにも対応できる万能シューズです。機能性と快適さを兼ね備えたカヤックシューズを選んで、カヤックをもっと楽しみましょう。

履き心地はとても重要

カヤックシューズ選びで大切なのは履き心地です。特にネオプレン製マリンソックスを使わずに素足で履く場合、靴擦れのリスクを減らすために重要です。

例えば、かかとが柔らかい素材でできているカヤックシューズは、足への圧迫が少なく、長時間履いても快適です。そのため、履き心地を重視してカヤックシューズを選ぶことがおすすめです。

また、ゴムやシリコンを使ったシューズは、柔軟性があり、足の大きさや動きに合わせやすいです。これにより、カヤックをより快適に楽しむことができるようになります。

1サイズ小さめがおすすめ

カヤック用シューズを選ぶ際には、普段履いているサイズよりも一回り小さいサイズをお選びいただくことを推奨します。水中での圧力や水流の影響で、通常サイズだと靴が脱げるリスクが高まります。

少し小さめのサイズを選べば、パドリング中のシューズの脱げる心配が減ります。 しかし、あまりにも小さすぎると靴擦れの原因になります。

適度なフィット感が得られるサイズ選びが大切です。柔らかい素材で作られたシューズなら、一回り小さいサイズでも足に馴染みやすく、快適にご使用いただけます。

速乾性がポイント

速乾性がポイント カヤックシューズを選ぶ際、速乾性は非常に重要です。これは、水に濡れた際、速く乾かないと蒸れや不快感が生じやすくなるためです。

また、速乾性が低いと、洗濯後の乾燥も遅くなり、手入れが困難になります。 したがって、ネオプレンのような水に強い素材や、速乾性に優れた素材のシューズを選ぶことが望ましいです。

水の排水を助ける穴が開いているタイプのシューズは、内部に水が溜まりにくく、さらに快適です。

ソール選びはとても重要

カヤックシューズの購入時、ソールは非常に重要です。川でカヤックを楽しむ際、滑りやすい岩場や苔の上を歩くことがあります。滑りやすいソールのシューズだと転倒し、事故に繋がるリスクがあります。

安全性を確保するため、グリップ力のある素材や凹凸のついたソールのシューズがおすすめです。また、5本指タイプは足の裏全体で地面を感じられ、滑りにくいです。

さらに、ソールの厚みにも注意が必要です。海でカヤックを楽しむ場合など、薄いソールでは足を傷つける恐れがあります。歩きやすさと安全性を考慮して、厚手のソールを選ぶべきです。

一部のカヤックシューズは、普通のスニーカーのような厚みのあるソールを採用しています。これらは速乾性や軽量性に劣ることがありますが、安全性を最優先する場合は、スニーカータイプがおすすめです。

カヤックにおすすめのシューズ10選!

カヤックシューズを選ぶ際には、足にぴったりフィットし脱げにくいものを選びます。履き心地が良く、少し小さめのサイズで速乾性が高いものが理想的です。

ソールは滑りにくく、厚みがあるものが安全でおすすめ。これらの要素を考慮して、カヤックフィッシングやマリンスポーツに適したシューズを選ぶことで、活動がより快適かつ安全になります。

SIXSPACE マリンシューズ

Sixspaceウォーターシューズは、超軽量で通気性・速乾性に優れ、靴下のような快適さを提供。折りたたみ可能で携帯便利、アッパーには通気性の高いポリエステル繊維を使用し、水中活動に最適。

耐久性のあるラバーソールで安全性を確保し、カヤックはもちろん水泳からサイクリングまで幅広く対応。快適さと機能性を兼ね備えた理想的なマリンシューズです。

リーフツアラー  マリンシューズ 

FELLOW リーフブーツ 2.5mm

Naturehike  ウォーターシューズ

ザノースフェイス STRATUM PIKA

アディダス テレックス JAWPAW スリッポン HEAT. RDY ウォーター 

-カヤックフィッシング