amazonで釣具を探す

カヤックフィッシングのキャスティングロッドののおすすめ6選!スピニングロッドが最適。

カヤックキャスティングロッド

カヤックフィッシングを快適に楽しむためにはタックル選びも非常に重要な要素です。
カヤックフィッシングで使用するタックルはベイトタックルばかりが注目されていますが実はスピニングロッドの方がカヤックフィッシングに向いています。

そこで今回はカヤックフィッシングにおすすめのスピニングロッドを紹介したいと思いますので是非参考にしてみて下さい。

カヤックフィッシングにスピニングロッドが適している理由

カヤックキャスティングロッド

カヤックフィッシングは自分で好きなところに移動し自由に釣りをすることができる釣りです。

その為、自分ひとりでやりたいように釣りを楽しむことができるので周りに気を遣う必要がありません。

基本的にカヤックフィッシングは縦の釣りで楽しむことが多いのですがキャスティングが可能なスピニングタックルの方が広範囲で魚を探すことができますし縦の釣りにも使用することができるので、カヤックフィッシングにおいてスピニングタックルはとてもオススメのタックルです。

また、ナブラが湧いた場合でもカヤックの機動力を活かしすっと近づくことができるのでナブラ打ちにも適しています。

ベイトリールでもキャストできるんじゃない?

ベイトロッドでもキャストをすることもできますがベイトでキャストするにはいくつかのデメリットがあります

キャストができる専用のベイトリールが必要

ベイトリールでキャストするにはブレーキシステムが搭載されたベイトリールを選択する必要があります。

ブレーキシステムが搭載されていないリールでキャストを行うとバックラッシュしやすくなりますし高切れを起こしてしまうこともあります。

狭いカヤックではベイトでキャストをしにくい

カヤックでは可動域が限られていてベイトタックルでオーバーヘッドキャストはまず難しいと考えた方が良いです。

背面にはクーラーボックスや他のロッドやフラッグなどいくつもの障害物がありそれらを避けながらカヤックに乗りながらバランスをとりベイトリールで正確なキャストを行うのは正直至難な業です。

やっぱりバックラッシュが怖い

ベイトリールでキャストを失敗するとバックラッシュを起こしてしまいます。
現行販売されているジギングが可能でキャストが可能なリールのブレーキシステムで重量のあるジグをキャストするのは非常に難しくサミングとブレーキの調整をしても飛距離が出せませんし、やっぱりどれだけキャストがうまい人でもバックラッシュは起こってしまう問題です。

カヤックの上でバックラッシュを起こしてそれを直している間にもカヤックは潮でどんどん流されてポイントから遠ざかってしまいます。

バックラッシュを絶対に起こさないし正確にキャストすることができる人でしたら問題ないと思いますが、現実的にカヤックでキャスティングをするなら絶対的にスピニングタックルがおすすめです。

カヤックキャスティングロッドの選び方

ロッドの長さから選ぶ

カヤックフィッシングではカヤックを操作しながら釣りを行うため、長いロッドだと扱いにくく取り扱いがしにくいため短めのロッドがおすすめです。

ロングキャストはできませんが6ft前後の長さのロッドが扱いやすくおすすめです。
6ft前後の長さであれば万が一魚がカヤックの下に潜り込み反対側に行ってしまっても、カヤックの先端にロッドの先を伸ばしラインを反対側に向かせることができます

また、あまり長すぎるロッドですと狭いカヤックでは魚を獲りこみにくく最悪、沈してしまうこともありますので短めのロッドがおすすめです。

ロッドの硬さから選ぶ

カヤックフィッシングのロッドの硬さはキャスティング性能を活かすために柔らかすぎるロッドですとしっかりとキャストすることができません。

その為、UL(ウルトラライト)やL(ライト)ですと飛距離を出すことができませんのでM(ミディアム)もしくはML(ミディアムライト)の硬さがおすすめです。

カヤックフィッシングのキャスティングロッドのおすすめ

グラップラー BB タイプ LJ S63-2

グラップラーBBタイプ LJはシマノのエントリーモデルのライトジギングロッドです。

~8㎏までの大物まで対応することができ、ブランクスにハイパワーを採用している為、キャスト時のネジレを防止し正確なキャストをサポート。

魚とのファイト時にもロッドがねじれることがなくコントロールし確実にキャッチすることができます。

シマノ(SHIMANO)
全長:6.3ft
自重:127g
ジグウェイト:40~160g

ヴァデル LJ 63XHS-2

ヴァデル LJはダイワのライトジギングのエントリーモデルながらオールラウンドに使用することができるモデルです。
大型のタチウオやサワラや青物をターゲットに~8㎏+αまでの魚に対応することができる強靭なブランクスを採用し長さも6.3ftと取り回しも良くキャストがしやすい設計に仕上がっています。

2ピースロッドながらダイワ独自のセンターカット設計によりパワーロスがない曲がりを実現しているのも魅力的なおすすめのキャスティングロッドです。

ダイワ(DAIWA)
全長:1.91m
自重:125g
ルアー重量:30-120g

ジャイアントキリング GXJ-S63L/LJ

ジャイアントキリングはメジャークラフトの定番のジギングロッドです。
100g前後のジグを使用するのに適しておりベイエリアの小型の青物からシーバスやタチウオにも対応。

ブランクスにはクロスフォース製法を採用した中高弾性カーボンを採用しガイドはオールSICリングを搭載しキャスティングにもしっかりと対応した1本です。

ソルティーステージプロトタイプ XJGS-63-1-MAX180

2021年に新発売したアブガルシアのソルティーステージプロトタイプは国産カーボン100%を使用した強度・重量・感度を追求したロッドです。

6.3ftの長さの本モデルは130gのジグが最も扱いやすくシャローエリアに適し小さなバイトもしっかりと感知するティップとカヤックの真下にもぐりこまれても柔軟に魚のパワーを吸収するバットセクションが特徴のジギングロッドです。

ゼニス ZEROSHIKI Light Spec ZLE-631SL

ゼニス零式ライトスペックエヴォルブは近海のライトゲームからブリクラスの大物まで対応することができるモデル。
チューブラーブランクスを採用しながら粘りのあるティップでルアーをナチュラルに動かすことができ操作性を持たせたベリーセクションを兼ねそろえたモデル。
ジギング全般に使用することができMAX150gのジグまで使用することができるためルアーをキャスティングするバッドパワーも兼ねそろえているおすすめのジギングロッドです。

ゼニス(ZENITH)
全長:1.91m
自重:103g
ルアーウェイト:MAX150g

カヤックフィッシングのキャスティングロッドのまとめ

カヤックフィッシングにおいてキャスティングロッドを使用すれば縦だけではなく横の釣りにも対応し範囲を広げて魚を狙うことができるようになります。

またナブラが発生した時もナブラ打ちをすることができるのでカヤックフィッシングを楽しむ際はベイトタックルと合わせて1本は持っておきたいのがキャスティングロッドです。

キャスティングの際はスピニングロッドが適切ですので是非、カヤックフィッシングにスピニングタックルを持って行ってキャスティングを楽しんで欲しいです。

関連記事