amazonで釣具を探す

【2022年】ダイアカラーでルアーカスタム!簡単・綺麗に塗るコツを紹介!

手軽にルアーやジグヘッドをカラーチェンジしたい!

色が剥げてきたルアーを塗り直したい!

もっと釣果が出るようにアピール力があるルアーにしたい!

ルアーの改造は釣りに行けない日の楽しみの一つ。
今回は気軽にルアーのカラーをチェンジすることができる東邦産業株式会社のダイアカラーを紹介したいと思います。

誰でも簡単にルアーのカラーをチェンジすることができるので是非試してみてください!

シルバー系のルアーや鉛などのルアーのアピール力をアップさせたりオリジナルのルアーを作るときにダイアカラーはおすすめです!

ダイアカラーとは?

ダイアカラー(DIACOLOR)は東邦産業株式会社より発売されているマニュキュアタイプの塗装剤です。

ダイアカラーは綺麗に塗ることができ乾くのも早いためとても扱いやすく、乾燥後は柔軟性があり剥がれにくいのが特徴です。

さまざまなルアーに使用することができスプーン・タイラバ・メタルジグ・エギ・プラグ・ジグヘッドなど淡水・海水を問わず幅広く使用できます。

また、ハイグレードレジンを採用している為、耐久性に優れており衝撃に強く剥がれにくいのも特徴です。

特徴
  • マニュキュアタイプで初心者でも塗りやすい
  • 約30分で乾燥し柔軟性があり剥がれにくい
  • 淡水・海水を問わず様々なルアーに使用することができる。
  • ハイグレードレジンを採用している為、耐久性に優れている。

コスメ用のマニュキュアと違い衝撃に強く、剥がれにくいのはとても良いですね!

豊富なカラーラインナップ

ダイアカラーは非常にたくさんのカラーを発売しています。

ヨーロッパ製の最高級樹脂を使用しているので発色が非常に美しく素人が初めて塗装をしても誰でも満足できる色に仕上げることができます。

蛍光カラー

超!ケイムラカラー

パールカラー

グリッターカラー

ソリッドカラー

ダイアカラーは蛍光カラーからケイムラやラメまで用意されているのでアピール力の高いルアーを作ることができますよー!

ダイアカラーの塗り方

うすめ液を用意しておく

ダイアカラーをうまく塗るコツは専用のうすめ液をうまく活用することです。

マニュキュアタイプで塗りやすく簡単に塗ることができるのがダイアカラーの良い所ですが、カラーによっては粘度が非常に濃く直塗りするとベッタベタになってしまいうまく塗ることができません。

その為、専用のうすめ液を使用し粘度を薄すると塗りやすく綺麗に仕上げることができます。

また、ちょっと濃くなってしまったと思った部分にもあとからうすめ液を塗布することで濃さを調整することができるのでまずは専用のうすめ液を購入してください。

ポイント
  • うすめ液を利用して粘度を調整して塗る

100円均一でもネットでも売っているどのようなタイプでいいので塗料皿があれば作業がとてもしやすいです。

うすめ液を塗料皿に入れてマニュキュアの筆で薄めながら塗ると綺麗に薄く塗ることができます。

私はとりあえず100円均一で使い捨ての塗料皿を購入しました。


100円で10枚入っていて使い終わったら捨てればいいし同じ色であれば使いまわしもできるのでとてもおすすめです。

ホワイトで下塗りをする

次に蛍光系カラーを塗るときに発色をよくするためにホワイトカラーを下塗りしておくとうまく塗ることができます。

ホワイトカラーもダイアカラーより発売されていますので合わせて購入することをおすすめです!

仕上がりのクオリティを上げるために少し手間が掛かりますが手間をかけることでより綺麗に仕上げることができますしルアーに愛着が出ますので下塗りをすることをおすすめします。

こちらも同様に薄くぬるためにうすめ液をうまく活用してください。

本塗り

下地処理が終わればいよいよ本塗りを行います。

ダイアカラーの蛍光色は粘度が濃いのでうすめ液を使いながら薄く塗るのがポイント

1回目で全体を薄く塗り2回目で仕上げる意識で作業を行えばうまく塗ることができます。

色合いに納得がいかなければ3回目と重ねて色を入れても良いですが塗装が分厚くなってしまうので注意が必要です。

上手にできなかった場合

塗料は大体30分で硬化し始めますがもしやり直したい!と思ったら30分程度の時間であれば除光液を使用すれば綺麗に落とすことができますのでやり直しができますのでこの時点で気に入らなければ除光液で塗料を落としてやり直しましょう。

塗装がうまく入っていない部分もありますが下地処理がうまくできていないとこうなります。

無理に塗料を乗せてうまく乗せようとすると失敗してしまうのでこれも自作ならではのアジだと思ってこのままにしておきます。

100点を目指そうとすると塗装がゴテゴテになってしまうので60点~80点くらいの出来で留めておいた方がうまくできると思います。

仕上げ

最後にトップコートクリアを塗布して完成です。

この時に目玉シールも一緒にコーティングしてあげると目玉も取れにくくなるので必ず目玉を取り付けてからトップコートクリアを塗るようにしましょう。

トップコートを塗ることで塗装の耐久性を上げることができますし艶を出すことでより輝きを増すことができます。

あまりたくさん塗布するとゴテゴテになってしますので目安は2度塗りで塗るときはすぐに乾いてしまうので素早くサササっと筆を入れて塗るとうまく塗ることができます。

ダイアカラーでルアーをカスタマイズしよう!

今回、だれでも簡単にルアーを塗ることができるダイアカラーを紹介させていただきました。

ダイアカラーを上手に塗るためのポイント4つ

まとめ
  • うすめ液を使用する
  • 塗料皿をうまく活用する
  • 下地色のホワイト入れる
  • 60点~80点の完成度を目指す

釣りに行けない休日に道具の整理やルアーのカラーチェンジはもってこいの作業になります。

自分でカスタマイズしたルアーで魚を釣ることができれば嬉しさが倍増するのも良い所です!

釣りに行けない日などの時間潰しにもちょうど良いですので是非試してみて下さい♪

カテゴリー:
関連記事