ライン 釣り

リサイクラーで簡単ライン交換!DRESS マキシマムワインダーを買ってみました!

皆さんライン交換はどのように行っていますか?
釣具屋で交換してもらいますか?自分でやりますか?

基本的に私は新品のライン交換は釣具屋さんでやってもらってます。
時間がかかるので先にラインだけを購入して、ライン交換してもらっている時に釣り具を見てます。
混んでいると1時間ほど時間かかりますからね…。

でもラインをメンテナンスするときや別のリールに糸を巻き替える作業は自分でやるしかないですよね。
その時空きスプールに糸を巻くときは電動ドリルを使ったり…リールに巻くときは鉛筆を通したスプールを足に固定して交換している人は結構いるのではないでしょうか。
私も一応、その一人です。。

今回はついにラインリサイクラーを購入したので紹介していきたいと思います。

リサイクラーとは

スプールを固定しラインを簡単に巻き取ることができるテンションをかけながらリールに糸を巻くこともでき、ライン交換の必須アイテムです。
様々なメーカーからリサイクラーは発売されており、第一精工から発売されている高速リサイクラー2.0は定番中の定番のリサイクラーですね。
ただ、リールを固定するシートがないので手持ちのリールシートを使用する必要があります。

DRESSマキシマムワインダーを買ってみた

 

今回はDRESS製のマキシマムワインダーというリールシートもついているリサイクラーを購入してみました。
リールシートがついているのでその分多少お値段張りますがリールシートの魅力に負けてしまいました。

これは完成形です。

届いたときはバラバラで自分で組み立てる必要があり、これがまた大変面倒でしたw

組み立て方の動画もあるのでどうしても説明書だけでできない方は見ていただければ組み立ては可能です。

 

リールシートの長さはドライバーを使用し調整します。

これでスプールからリールまでの距離を調整することができます。

 

ネジをくるくる回し机に固定します。
うけの部分はゴム製でできてますので机に傷が入りにくくしっかりグリップされるので滑ることもありません。
よく見たら穴が開いている部分はDRESSとロゴになっているのですね。

 

早速巻替え作業開始

準備もできましたので巻替え作業を行っていきたいと思います。
リサイクラー側のハンドルを回せばスプールが回ります、スプールが擦れているのかシュルシュル音が結構します。
巻き心地は正直よくないですw

スプールの右側のネジを回せばドラグが最大2kgまでのテンションを掛けられます。
スプールに巻くときは緩めた方がスムーズに巻き取りができます。

 

使ってみた感想

 

正直言って、使い勝手が良いかと言われるとと良くないです。
まずリールシートが写真のように左右に動きまくります。
ネジどんだけ締めても棒を固定してもリールシートがくるくる回るので左右にぶれる仕様になっています。
で正直テンションを掛けながら巻くと左右に動きまくる・・。

 

また、固定している台座の部分がゴム製になっているのですがここも動きまくる。
台座も左右に動く、リールシートも左右に動く。とにかく動きまくるので使いにくい。

たぶん、完全固定にしてしまうと体にあたってしまったときに怪我をしたりリサイクラー自体が破損してしまうため、あそびを持たせているのだと思うが、リサイクラーとしては機能を十分に果たすことができなくなってしまっているように感じます。

 

改善店点とすればスプールとリールの距離をもう少し取るとテンションを掛けてリールにラインを巻きやすくなると思います。
なのでリサイクラーとリールシートは別であることがベストだと感じました…。

完璧を求めると物足らなさを感じますが、スプールを固定してラインを交換するという点では慣れれば十分に機能を果たしてくれます。
ただ、お値段がお値段なので正直言ってこの製品を買うならやっぱり高速リサイクラー2.0を買った方が満足度は高いと思いますw
久々に失敗した買い物をしたと思ってしまった…。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でツリイキタイをフォローしよう!



-ライン, 釣り

Copyright© ツリイキタイ , 2020 All Rights Reserved.