amazonで釣具を探す

【2022年】ダイワPEシザー125H+Fは最強ラインカッター!仕掛けづくりにもおすすめ

釣りに行けない日は自宅でアシストフックを自作して次回釣行に備える人も多いのではないでしょうか。

今回、2022年にダイワより発売された、新しいPEシザーがとても便利でしたので紹介したいと思います。

ダイワのPEシザー125+Fおすすめポイントは5つ。

POINT
  • 手元で作業が行えるコンパクト設計
  • しっかりと握りこむことができるオリジナル形状グリップ
  • 手袋をしたままでも使用することができる大型ハンドルホール
  • PEシザーでありながらスプリットリングオープナー搭載
  • 錆に強いフッ素加工

PEラインカッターは安いものから高いものまで幅広く販売されています。

安もののPEラインカッターは切れ味が悪くて使用しにくい、でも高いPEラインカッターは中々手を出すことができないという方に向けてダイワのPEシザー125H+Fを徹底解説したいと思います。

PEラインは安いラインカッターだと1回でスパッとカットすることができないですよね…。
でも、高いラインカッターを購入する勇気がなかなか出ません…。

ダイワのPEシザー125H+Fについて

ダイワのPEシザー125H+FはPEラインをカットすることはもちろんのことスプリットリングオープナーを搭載している為フックを外すこともできるとても便利なラインカッターです。

搭載機能

  • ラインカッター
  • スプリットリング外し

アシストフックを作成するときにこれ1本でラインカットからスプリットリングの取り付けまで行えるのがとても便利なラインカッターです。

本体にはダイワのロゴが入っておりとてもかっこいいラインカッター

これ1本でラインカット・ラインの締め込み・スプリットリングの開閉まで行うことができるので、自作でアシストフックを作成する方にはぴったりのPEシザーです。

基本情報

商品名PEシザー125H+F
素材ステンレス
サイズ125mm
重量45g
定価2,150円

本体は釣り場でも使用ができるよう、サビに強いフッ素加工がされているため海水での使用もOK!
さらにしっかりとホールドすることができるグリップ形状のため小型ながら扱いやすいPEラインカッターだ。

2種類のカラーラインナップ

カラーラインナップはネイビーとブラックの2種類

わかる人にはわかると思いますが、ネイビーのカラーがシマノが販売している商品に非常に似たカラーですね。

ダイワ PEシザー125H+Fのインプレ

今回、実際にダイワのPEシザー125H+Fを購入しましたので、早速インプレをしていきたいと思います。

本体は簡易のプラスチックケースに梱包されており背面には説明書きが書かれています。

同梱物
  • PEシザー
  • 説明書

ダイワPEシザー125H+Fの仕様

ダイワPEシザー125H+FはPEラインをカットするだけではなくスプリットリング開きも搭載された、新しいPEシザーです。

実際に使ってみて良かったと思ったポイントを紹介します。

POINT
  • スプリットリング開きが使いやすい
  • よく切れるラインカッター機能搭載
  • しっかりと握りこめるグリップ形状
  • 指をいれやすい大型ハンドルホール
  • 尻手ロープやカラビナを取り付けれるホール付

スプリットリング開き

スプリットリング開きは問題なく使用することが可能です。

スプリットリングのサイズは#1~#4サイズが最適です。

その為、SLJやバスフィッシングなどのルアーフィッシングに使用するのが最適です。
ただ、通常のフィッシングプライヤーと異なり自動開閉式ではないのでスプリットリング開きとして使用するには少し取り扱いしにくかったです。

POINT
  • #1~#4のスプリットリングが最適

ラインカッター

メインのラインカッターは太めのアシストPEラインや細目のPEラインもズバッと切断します。
今回は150lbのアシストPEラインをカットしましたが一発で切ることができました。

セレーション入りの特殊ギザ刃を採用している為PEラインを逃がすことなくしっかりキャッチしカットすることができるのも特徴です。

POINT
  • 特殊ギザ刃を採用しPEラインを逃がさずにカット
  • 細目から太めのPEラインもしっかりとカット

グリップ形状

ダイワPEシザー125H+Fはオリジナルのグリップ形状を採用

グリップ部分は滑り止め加工がされているので手触りもよく手が滑ることなくしっかりと握ることができる。

POINT
  • ワンタッチでロック・解除ができるロック機能搭載

大型ハンドルホールを採用

指を入れやすい大型のハンドルホールは手袋をしていても指を入れることができます。
寒い日のルアーチェンジやちょっとしたラインカットにとても便利です。

ダイワPEシザー125H+Fの重量

ダイワPEシザー125H+Fは約45gのPEシザーです。

価格帯の安いプライヤーは海水でサビてしまいますが表面をフッ素加工をしている為、防錆性能に優れていますので釣り場でも使用

メンテナンスもとても簡単で海水にさらされてしまっても釣行後に真水で海水をサッと洗い流すだけでOKです!

ダイワPEシザー125H+Fの残念なところ

1点だけ気になったところはハサミの開閉が重く開きにくいというところです。
これはPEラインをしっかりキャッチし確実に切るということとピニオンリール等に取り付けたときにハサミが開いた状態にならないように配慮されているのだと思いますがもう少し開きやすくてもよいかなーっと思いました。

ダイワPEシザー125H+Fはどこが安く買える?

ダイワPEシザー125H+FはAmazon・楽天・yahooショッピングなどで購入することができます。

どのサイトが一番お得に購入することができるか調査をしてみました。

ダイワPEシザー125H+FをAmazonで購入する

amazonで購入する場合の価格は以下の通りです。

ネイビー1,780円
ブラック2,120円

定価はいずれも同じですがネイビーとブラックで価格差があります。

ダイワPEシザー125H+Fを楽天市場で購入する

楽天市場で購入する場合の価格は以下の通りです。

ネイビー1,759円+送料330円
ブラック1,759円+送料330円

販売店がかなり多く、送料別の店舗が多いため割高に感じてしまう印象があります。

ダイワPEシザー125H+Fをyahooショッピングで購入する

yahooショッピングで購入する場合の価格は以下の通りです。

ネイビー1,760円+送料550円
ブラック1,760円+送料550円

こちらも楽天と同様に販売店が多く送料別の店舗が多いため現時点ではAmazonでの購入が最安値で購入することができそうです。

ダイワPEシザー125H+Fをメルカリで中古品を購入する

メルカリから中古品を購入するというのも一つの点です。

2022年の5月に発売された新商品ということもあり現時点では出品数が少なくAMAZONよりも高い値段で販売されていました。

現在は1800円前後で新品が販売されているのでもし1000円前後で購入できる価格であれば検討しても良い価格ないでしょうか。

ダイワPEシザー125H+Fについてまとめ

ダイワPEシザー125H+Fについてのまとめになります。

POINT
  • 手元で作業が行えるコンパクト設計
  • しっかりと握りこむことができるオリジナル形状グリップ
  • 手袋をしたままでも使用することができる大型ハンドルホール
  • PEシザーでありながらスプリットリングオープナー搭載
  • 錆に強いフッ素加工

ダイワPEシザー125H+FはPEシザーとして使用することもできスプリットリングの脱着も行うことができるのでアシストフックを自作している方にとてもおすすめのラインカッターです。

コンパクト設計で手元での作業が行いやすく、尻手ロープを取り付けることができるのでライフジャケットに取り付け持ち運ぶことも可能です。

少しお値段のするPEシザーですがお値段通りのPEのカット能力を持ちスプリットリングも脱着することができるのでこれ1本あればルアーフィッシングを楽しむことができます。

もし、PEシザー選びに迷っているようでしたら、間違いのない商品ですので是非一度試し下さい。

関連記事