クーラーボックス

ダイワのクーラーボックスの選び方&おすすめ5選!強力な保冷力を手に入れよう!

 

種類が豊富なダイワのクーラーボックス。
一体どれを選んでよいのかわからなくなってしまうほどのラインナップの多さ。
今回はダイワのクーラーボックスを徹底的に解説していきたいと思います。

型番の見方

 

View this post on Instagram

 

Tetsushiさん(@f_tetsushi)がシェアした投稿 -

例)GU 3000RJ
数字の部分が容量となります。
3000で30ℓということになります。

GUの部分が断熱素材を表しています。
断熱素材は以下の通りです。

品番断熱仕様クーラー使用用途
Sスチロール軽さ・使い易さ・保冷力を兼ね備えたクーラーボックスで、様々な状況で使えるオールラウンダー。
GU発泡ウレタン発泡ウレタン断熱材で、軽さを維持しつつ保冷力を高めている為、スチロール断熱材の保冷力では少し物足りないという方にお奨め。
SU1面真空パネル
+発泡ウレタン
底面にピンポイントで真空パネルを配置している為、防波堤や磯、船上など、床面からの熱の伝導を防ぎたい場所での使用に適する。
ZSS/VSS6面真空パネル
+発泡ウレタン
6面全面に真空パネルを配置しているため、保冷力が非常に高く、炎天下での長時間使用や真夏の車中など、とても過酷な条件下での使用を想定した高保冷力モデル。

 

保冷力の基準

ダイワクーラーの新たな指標『KEEP』
外気40℃に調整された恒温室内に、クーラーボックス本体容量の25%に相当する角氷を入れたクーラーボックスを放置。
8時間後に氷の重量を測定して氷の残存率を算出します。その氷の残存率から、残存率が0%になるまでの時間を計算して、
「KEEP○○」という値で表示しています。

表でいうとクーラーボックスの容量25%の氷を入れると発砲ウレタンだと50時間で全部溶けた。
6面真空パネルで75時間で全部溶けたということになります。素材で25時間も差が出るのは驚きですね。

シリーズ別容量

シリーズごとに容量が異なるようです。

LIGHT TRUNK IV20ℓ・30ℓ
PROVISOR TRUNK35ℓ
PROVISOR HD16ℓ・21ℓ・27ℓ
COOL LINE α II10ℓ・15ℓ・20ℓ・25ℓ
DAIWA RX12ℓ・18ℓ・26ℓ・32ℓ



シリーズごとの特徴

LIGHT TRUNK IV

大容量&高保冷力、さらに極限までの軽量化を図ったクーラーボックス釣りはもちろん、様々なアウトドアレジャーシーンで活躍

特徴:とにかく軽量化を図ったモデル。そのため座ることはできない。

 

型番真空パネルウレタンスチロールKEEP値
S 2000R--65
GU 2000R--80
SU 2000R底1面-85
VSS 2000R6面-95
S 3000RJ--75
GU 3000RJ--95
SU 3000RJ底1面-100
VSS 3000RJ6面-125

PROVISOR TRUNK

たくさんの魚や中~大型魚が釣れる釣り、あるいは暑い季節のアウトドアレジャーでは大容量でしっかりした保冷力を持ったクーラーボックスが不可欠。高い保冷力で定評のある「プロバイザー」シリーズの35リットルモデルはまさにそんな用途にうってつけ。取り外し可能な両開きフタや持ち運びに便利なサイドハンドル&静音キャスター、ロングハンドルなど、フィッシングシーンをリードしてきたダイワならではのこだわりの仕様が満載。

特徴:持ち運びに便利なキャスターとハンドルが付いたモデル!これも座ると壊れる可能性ありますので注意!

型番真空パネルウレタンスチールKeep値
S 3500--70
GU 3500--95
SU 3500底1面-102
TSS 3500底前後3面-120

PROVISOR HD

防波堤・船・磯・サーフなど、釣りのジャンルを問わず活躍する信頼のダイワクーラーボックス。座っても大丈夫な「マッスルボディ」、開け閉めしやすい「リフトアップオープンシステム」、釣った魚を入れるときに便利なワンプッシュ投入口、持ち運びや車への出し入れ時に便利なロングハンドル、水抜きに便利な水栓など、使いやすい機能を満載。保冷力に優れた真空パネルから軽さがメリットのスチロールまで、用途とシーンに合わせて選べる豊富なバリエーションで、釣りはもちろん確かな保冷力が必要なアウトドアシーンなどでも重宝する。

特徴:座っても大丈夫なマッスルボディ!椅子代わりに使用ができるモデルのため防波堤や磯釣りに最適!

型番真空パネルウレタンスチールKeep値
S 2700--65
GU 2700--75
SU 2700底1面-80
ZSS 27006面-100

COOL LINE α II

 

淡水や堤防の小物釣り、ショアからのルアーフィッシング、ファミリーフィッシングから磯・船・オフショアルアーまで幅広く使えるスタンダードな高機能クーラー。丸ごと外して洗える便利な両開き上フタ、リブ補強して剛性をアップして変形による保冷力低下を防止。積み降ろしや持ち運びに便利なハンドル付きで、コンビニ板氷や500mlペットボトルもすっぽり入るサイズ。

特徴:サイズが非常に豊富。座っても大丈夫な剛性ボディ!

型番真空パネルウレタンスチールKeep値
S 1000X25
GU 1000X35
SU 1000X底1面40
型番真空パネルウレタンスチールKeeP値
S 150035
GU 150040
SU 1500底1面45
型番真空パネルウレタンスチールKeep値
S 200045
GU 200050
SU 2000底1面65
型番真空パネルウレタンスチールKeep値
S 250055
GU 250065
SU 2500底1面75

DAIWA RX

暑い季節の釣りやアウトドアレジャーでは、魚や飲食物をしっかり冷やせる高性能クーラーボックスが必需品。「ダイワ RX」シリーズは、ノンフロンウレタン断熱で約2.3倍の保冷力(当社同型比)を有し、水抜きに便利な水栓、取り外し可能でメンテナンスが簡単な上フタ、小物収納に便利なトレー、大型投入口など、役立つ機能満載。釣りはもちろんキャンプなどのアウトドアシーンで幅広く活躍する高機能クーラーボックス。

特徴:魚を出し入れしやすい小窓付き!全サイズ断熱材にはウレタンを使用!

型番真空パネルウレタンKeep値
GU 1200X50
SU 1200X底1面55
型番真空パネルウレタンKeep値
GU 1800X70
SU 1800X底1面75
型番真空パネルウレタンKeep値
GU 2600X80
SU 2600X底1面90
型番真空パネルウレタンKeep値
GU 3200X90
SU 3200X底1面102

 

ダイワのクーラーボックスを選ぼう!

いかがでしたでしょうか?

スチロール素材でも十分な保冷力!一日釣りにいく分にはどれも問題がなさそうですね。

遠征したときや車に乗る時間帯が長い場合だとウレタン素材や真空パネルを搭載したものを選んだほうがよさそうです。

真空パネルは枚数が増えると価格が跳ね上がります…。

サイズも種類も豊富なダイワのクーラーボックス。
どれも非常におすすめです!

カラーで選ぶと、希望の素材がないといことがあったりします。
カラーと素材両方での選択肢があればもっと良いのになと思います。

シマノにはないカラーもたくさんあり釣りに行くのが楽しくなりそうですね!
これを機会に買い替えてみてはいかがでしょうか?

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-クーラーボックス
-

© 2020 ツリイキタイ