amazonで釣具を探す

【2022年】ダイソーVJをインプレ!コアマンVJと徹底比較、シーバスに効く最強ルアー。

今回、DAISO(ダイソー)より販売されているダイソーVJを実際に購入してみましたのでコアマンVJと比較しながら違いなども徹底的に徹底レビュー。

ダイソーVJのおすすめポイントは3つ。

POINT
  • とにかく安い!1セットあたり300円で使えるルアー!
  • ジグヘッドを単体で購入することができる!
  • ダイソーで気軽に購入することができる。

ダイソーVJはダイソーから発売されているコアマンVJの類似ルアーです。
発売当初よりコアマンVJによく似ており価格も安いことよりたちまち人気のルアーになり、発売当初は入手困難状態でした。

2022年9月現在では在庫が潤沢に揃ってきていることもあり以前よりも手に入れやすい状況になってきています。

しかしながら、100円ショップで購入することができる釣具はしっかりと使えるものなのか不安な方も多いはず。

今回はさまざまな角度よりダイソーVJを徹底的にレビューをしたいと思いますので是非参考にしてください。

コアマンVJは実績が高く、【スズキのエサ】とも言われてるルアー。定価も税込み1540円となかなかいい値段するし手に入らないので気軽に使えないのが難点です。

ダイソーVJについて

ダイソーVJとは、ダイソーから発売されている「ソルト用ジグヘッド」「シャッドテールワーム」のことです。

コアマンの人気ルアーVJシリーズに似ている為、ダイソーVJと呼ばれています。

ソルト用ジグヘッドについて

ソルト用ジグヘッドの重さは16gと22gの2種類が発売されています。

コアマンVJのジグヘッドの重さは16g・22g・28gの3種類ですのでラインナップも非常に似ていますね。

ジグヘッドのカラーは現在は1種類のみ、今後増えていくのを期待しています。

サイズ16g/22g
価格200円
ソルト用ジグヘッド

ソルト用ジグヘッドを実際に計測

実際にソルト用ジグヘッドの重量を計測。

ともにトレブルフック込みでの重量で16g・22gに近い重量のため表記については問題ないようです。

シャッドテールワームについて

シャッドテールワームはピックとブルーの2種類が販売されています。
サイズは72mmの1種類のみとなります。

カラーピンク/ブルー
サイズ72mm
価格100円(2本入
シャドテールワーム

シャッドテールワーム本体にはジグヘッドを差し込みやすいように穴が開いています。

穴がちょっと小さいですがこの穴に合わせて真っすぐズブズブズブと差し込んでいきます。

ルアーの腹部には縦のラインが入っています。

これによりジグヘッドにセットした時のズレ防止に効果があります。
また、好みのサイズにカットしやすくなっていますので自分流にカスタマイズすることも可能。

本家の5分の1の価格で手に入れることができしかも釣れるルアー。本家には申し訳ないけど貧乏アングラーはどうしてもこっちを選んでしまいますね…。

ダイソーVJの装着について

ダイソーVJはソルト用ジグヘッドとシャッドテールワームを組み合わせて使用します。

ピンクもブルーも両方いい感じで釣れそうなルアーです。

ワームをセットする時はジグヘッドに真っすぐ刺すことがとても重要です。

真っすぐにセットしなければルアーはしっかりと泳いでくれませんし魚にアピールすることができません。

また、フックがワームに絡まりやすくなってしまい釣りになりませんので必ずワームは真っすぐセットしましょう。

ポイント
  • ワームはジグヘッドに真っすぐにセットすること!

ジグヘッドにワームをセットした重量はワームの重量です。

16gヘッドは19gに22gヘッドは25gになりましたのでワームは3gとなります。

コアマンVJとダイソーVJの比較

コアマンVJとダイソーVJを比較してみましたところ細かい部分は全く別ものです。

同じ22gですがヘッド形状はダイソーVJの方が大きくなっています。

大きな違いとしてはコアマンVJにはワームがずれにくいようにワーム受けが付いている点とリアフックのシャフトが曲がっていて角度が付いています。

角度が付くことにより、リアフックがワームに絡まりにくくなりナチュラルなスイムを実現しています。

また、ワームを指すシャフトの太さもコアマンVJは細い分返しが多いため差しやすく抜けにくい構造です。

トレブルフックを比較

トレブルフックの大きさを比較したところコアマンVJのフックの方が小さめのフックがセットされています。

コアマンVJで確認をするとがまかつトレブル13#10を使用しているのでダイソーVJは1サイズ小さいフックである#8を使用しています。

トレブルフック
  • コアマンVJのトレブルフックはがまかつトレブル13の#10を使用
  • ダイソーVJのトレブルフックは#8サイズを使用

また、スプリットリングも小さめのものを使用しておりコアマンVJは#1サイズを採用、ダイソーVJでは#2を採用しています。

スプリットリング
  • コアマンVJのスプリットリングは#1を使用
  • ダイソーVJのスプリットリングは#2を使用

1回限りと考えるとダイソーVJのフックをそのまま使用しても良いですが、長期的に使用を考えるならフックは交換することをおすすめします。

ダイソーVJの残念なところ

ダイソーVJ

全体としては非常に素晴らしいアイテムで100円均一で購入できることを考えるとコストパフォーマンスは非常によい商品です。

1点残念な点はやはりトレブルフックの耐久性が弱いという点です。

メンテナンスをしっかりしなければすぐに錆てしまいますしフッキングも悪い印象です。

その為、釣果を求めるのであればトレブルフックは交換しておいた方が無難です。

ダイソーVJについてまとめ

ダイソーVJまとめになります。

POINT
  • とにかく安い!1セットあたり300円で使えるルアー!
  • ジグヘッドを単体で購入することができる!
  • ダイソーで気軽に購入することができる。
  • 16gと22gの2サイズの販売
  • シャッドテールワームはピンクとブルーの2個入り
  • トレブルフックは#8をスプリットリングは#2を使用

ダイソーVJはあのシーバスのエサとも言われているコアマンVJに非常によく似たルアーですが、実績も抜群で何より手に入れやすいのが特徴でシーバスをよく釣ることができるルアーです。


お値段も1セットあたり300円のためロストも恐れずガンガン使用することができるのも良い所です。

また、非常に人気のあるルアーのため、店頭に並ぶとすぐに売り切れになってしまうこともありますので、見かけたら迷わず即GETをおすすめします。

コアマンVJも非常に良いルアーですので合わせて使用してみてください♪

カテゴリー:
タグ:
関連記事