amazonで釣具を探す

【2022年】ダイソーフィッシングプライヤーをインプレ!550円のコスパ最強プライヤー。

今回、DAISO(ダイソー)のフィッシングプライヤーを実際に購入してみましたので徹底レビュー。

DAISO(ダイソー)のフィッシングプライヤーのおすすめポイントは3つ。

POINT
  • 550円で購入することができる激安プライヤー
  • 鉄線・銅線までカットする強力なラインカッターを搭載
  • #3~#6までのスプリットリングを開閉可能

フィッシングプライヤーは低価格のものから高いものまで幅広く販売されています。

DAISO(ダイソー)のフィッシングプライヤーは550円(税込)で購入することができます。

安価なフィッシングプライヤーは本当に使えるかどうか不安になることが多いと思いますので、今回は使い心地を徹底的にレビューをしたいと思いますので是非参考にしてください。

フィッシングプライヤーが550円ってかなり安いですね。最近のダイソーは釣具屋さんになってきてますね。

ダイソーのフィッシングプライヤーについて

DAISO(ダイソー)のフィッシングプライヤーは魚に掛かったフックを外すことはもちろんのこと、PEラインをカット、スプリットリングオープナーや多機能ナイフ、釣り針外しやウロコ落としを搭載した多機能フィッシングプライヤーです。

搭載機能
  • ラインカッター
  • スプリットリング外し
  • ガン玉潰し
  • 多機能ナイフ
  • ウロコ落とし
  • 釣り針外し
  • 定規

スプリットリング外し以外にも定番のPEカッターはもちろんのことさまざまな機能が付いた多機能フィッシングプライヤーは万能に使えてとても便利です!

基本情報

商品名フッィッシングプライヤー
素材ステンレス
サイズ16㎝×10㎝
重量122g
定価550円

本体はサビに強いステンレス剛を採用、持ち手はABS樹脂を採用していますので海釣りにもピッタリの1本です!

カラーラインナップ

カラーラインナップはブラックの1種類のみでとてもシンプルな形状のフィッシングプライヤーです。

似ているフィッシングプライヤーは数多くありますが全く同じではなさそうですのでオリジナル商品だと思います。

DAISO(ダイソー)フィッシングプライヤーのインプレ

今回、実際にDAISO(ダイソー)のフィッシングプライヤーを購入しましたので、早速インプレをしていきたいと思います。

本体は海外製品によくある頑丈なプラスチックケースの中に封入されています。

これ、取り出しにくいから嫌いです。

プラスチックを熱で溶かして圧着しているので周りをハサミでカットすれば取り出すことができますのでバスバスとパッケージを切断して取り出しましょう。

同梱物
  • フィッシングプライヤー本体
  • 説明書

DAISO(ダイソー)フィッシングプライヤーの仕様

DAISO(ダイソー)のフィッシングプライヤーはスプリットリング開きだけではなくPEラインカッターやガン玉潰し、多機能ナイフやウロコ落としなどマルチに使用することができるフィッシングプライヤーです。

実際に使ってみて良かったと思ったポイントを紹介します。

ダイソーフィッシングプライヤー
  • スプリットリング開きが使いやすい
  • よく切れるラインカッター機能搭載
  • ロック機構

ダイソーのスプリットリング開き

同じような形状のフィッシングプライヤーは多く販売されていますが比較してみます。
スプリットリングオープナーの先端は少し厚めに作られていて先端は鋭くつくられているのが一目で解ると思います。

先端が鋭く厚みもあるためしっかりとスプリットリングに入れ込むことができ開くことができます。
本体にバネが付いているので開閉の強さの加減も非常によくとても好印象のプライヤーです。

実際に使ってみるとストレスなくスプリットリングを開くことができました。
スプリットリングのサイズは#3~#6サイズが最適です。

プライヤーの先端の反対部分が分厚いため、小さなスプリットリングはしっかりと掴むことができず開くことが困難でした。

その為、#3以上の大きめのスプリットリングに対応しています。

POINT
  • #3~#6のスプリットリングが最適
  • 小さなスプリットリングは掴めないので使用できない。

ラインカッター

ラインカッタの刃にはラインが逃げないようにギザギザ刃を採用。

実際にラインカットを試してみましたが残念ながら一発でカットは難しそうです。

太いラインは30号、細いラインは2号ですがいずれもケバケバになってしまいました。。

POINT
  • ラインカッターは性能があまり良くない。

グリップ形状

ダイソーのフィッシングプライヤーはABSプラスチックコーディングのグリップを採用。

形状はストレートになっておりいるためグリップ力はあまりありませんのでちょっと滑りやすくなっているので扱いやすいか扱いにくいかで言えば扱いにくいです。

POINT
  • ABSプラスチックコーディンググリップを採用

ロック機構

本体にはロック機構が付いてます。

無いよりあった方が良い機能ですが正直片手で開け閉めしにくいのであまり評価できない仕様です。

ダイソーフィッシングプライヤーの重量

ダイソーのフィッシングプライヤーの重量は約122g

一般的なフィッシングプライヤーと比較すると若干重めの仕様です。

本体はステンレス製で海水に強いとされていますがコーディングされていないので錆てしまう可能性がありますので使用後は水洗いをした方が良さそうです。

定規・針外し・ウロコ落とし

定規機能は最大4㎝まで計測することができます。
また、針外し機能も搭載されていますので魚が針を飲み込んでしまった場合にはりを先端に入れてくるっと回せば外すことができます。

また、ウロコ落としも搭載されていますので釣り場でささっと後処理をすることもできます。

ナイフ機能

ナイフ機能も搭載されていますので釣り場で内臓を出すくらいの処理はできそうです。
あまり鋭くありませんので使用する前に研いでおいた方が良さそうですね。

DAISOプライヤーのフィッシングプライヤーの残念なところ

正直なところ全体的に機能としては素晴らしいのですが性能が悪いというのが印象です。

唯一使えそうなところはスプリットリング外しと言ったところでしょうか。
また、尻手ロープを取り付ける部分が付いていないのでライフジャケットに取り付けることができないのが難点だと思いました。


それでも550円でこれほど機能が付いたフィッシングプライヤーは販売されていないのでとにかく安く道具を揃えたいという方にはおすすめです。

DAISO(ダイソー)のフィッシンングプライヤーについてまとめ

DAISO(ダイソー)のフィッシングプライヤーについてのまとめになります。

POINT
  • 550円で購入することができる激安プライヤー
  • 鉄線・銅線までカットする強力なラインカッターを搭載
  • #3~#6までのスプリットリングを開閉可能

DAISO(ダイソー)のフィッシングプライヤーはステンレス製で550円で購入することができるコストパフォーマンスに優れた多機能プライヤーです。

1つで様々な機能を搭載しています。

搭載機能
  • ラインカッター
  • スプリットリング外し
  • ガン玉潰し
  • 多機能ナイフ
  • ウロコ落とし
  • 釣り針外し
  • 定規


550円でこれだけの機能を搭載しているフィッシングプライヤーは他にはありませんので、

もし、購入に迷っているようでしたら、是非一度試してみて下さい!

関連記事