広告 クーラーボックス

タイラバ用クーラーボックスのおすすめ9選と選び方を徹底解説!

今度タイラバに挑戦しようと思うのだけど真鯛をたくさん釣る予定です。

真鯛をたくさん入れることができるクーラーボックスのおすすめはありますか?

タイラバは仕掛けを底に落としてゆっくりと巻き上げるだけでタイが釣れるため初心者にも人気のある釣りです。

タイは刺身にしても塩焼きにしてもとても美味しくできれば新鮮な状態で持ち帰りたいところです。

そこで今回はタイラバ(鯛用)のクーラーボックスのおすすめと選び方を紹介したいと思いますので是非参考にしてください。

鯛は釣っても食べても2度楽しむことができるのでとても良いターゲット!タイラバは初心者でも釣果を上げれるのでとてもおすすめです!

タイラバ用クーラーボックスの選び方

容量から選ぶ

鯛は大型のもので50cmを超えるものが釣れることがありますのでクーラーボックスはできれば大きめのタイプのものがおすすめです。

容量としては鯛を折り曲げずそっくりそのままれることができるように30リットル~45リットル前後の容量がおすすめです。

35リットルクラスのクーラーボックスであれば60cm前後の鯛をそのままスッポリと入れることができ大漁時でも5~6匹は余裕で納めることができます。

同行人がいる場合や食料や飲料を入れておく場合であればさらに大きめの45リットル前後のクラスのクーラーボックスが良いでしょう。

2人で釣り上げた鯛を余裕で入れることができますし青物釣りにも使用することができるので汎用性を考えると45リットルクラスを選ぶといいでしょう。

25リットルクラスのクーラーボックス

25リットルクラスのクーラーボックスは内寸約50cmとなるため50cmまでの鯛を折り曲げずに入れることができます。

容量としては同型のサイズの鯛を4~5匹と氷を入れるとパンパンになってしまいますので飲料や食料を同時に入れておくことが困難になります。

しかし、軽量で持ち運びにちょうど良いサイズ感が良いところで汎用性が高くタチウオ釣りやアジやタコ釣りなどにも使用することができますね。

30リットルクラスのクーラーボックス

30リットルクラスのクーラーボックスは内寸約60cmとさらに広くなり60cmまでの鯛を折り曲げずに入れることができます。

容量としては同型サイズの鯛を5~6匹余裕でいれることができそれに合わせて食料や飲料も入れることができるので余裕がかなりあります。

クーラーボックスの重量が少し重くなってしまいますがタイラバ用としては30リットルクラスのクーラーボックスが最も適しておりとてもオススメのサイズです。

45リットルクラスのクーラーボックス

45リットルクラスのクーラーボックスは内寸約70cmとかなり広く70cmまでの大鯛を折り曲げずにスッポリそのまま入れることができます。

1人での釣行の使用としては若干オーバースペック気味となるため2人での釣行にぴったりのサイズで鯛をたくさん入れることができ食料や飲料や氷もたくさん入れることができます。

大型の青物も入れることができるサイズですので大物を狙う釣りを楽しむ方や2人でシェアして使用する方ににおすすめのサイズ感です。

保冷力について

タイラバゲームは基本的に朝から昼までや昼から夕方までの釣行となるため1日氷をキープすることができる保冷力があれば十分です。

その為、断熱材は発泡スチールや発泡ウレタンのもので十分対応することができます。

しかし、暑い夏場での釣行や遠征で連泊が必要な場合は1日超氷をキープすることができる保冷力が必要になります。

その場合は真空パネル+発泡ウレタン素材を使用した保冷力の高いモデルを選ぶことをおすすめします。

携帯性の良いクーラーボックスがおすすめ

大型のクーラーボックスは氷や魚を入れると一人で持ちあげるのが困難なほど重くなってしまいます。

その為、30リットル以上の大きなクーラーボックスを選ぶときは携帯性を考えてキャスター&ハンドル付きのクーラーボックスを選ぶことをおすすめします。

クーラーボックス単体でも約7㎏前後の重さがありますので氷と魚を入れると余裕で10㎏は超えてきます。

また、船釣りではタックルボックスやロッドなどの持ち込みもありますのでクーラーボックスにキャスターが付いていれば楽に持ちち運びすることができますのでキャスター付きを選ぶようにしましょう。

クーラーボックスは釣り具メーカーのものがおすすめ

タイラバ用のクーラーボックスを購入するのであればシマノやダイワなどの釣り具メーカーが発売されているクーラーボックスがおすすめです。

釣具メーカーのクーラーボックスは気密性が非常に高く魚を新鮮な状態に保つために保冷力が高いクーラーボックスばかり発売されています。

また、メンテンナス性も優れており上蓋が取り外しできたり本体に水抜き用の水栓が搭載されているタイプのものもありますので清潔に保つことができます。

堅牢な造りでクーラーボックスの上に座ることができるのも良いところで待ち時間に椅子の代わりに座ることができます。

また、滑り止めが付いているため船上でクーラーが滑って転倒してしまうこともありません。

保冷力・耐久性・メンテンナンス性いずれも優れていますのでクーラーボックスを選ぶ際は釣り具メーカーのクーラーボックスを選ぶようにしましょう。

タイラバ用クーラーボックスおすすめ9選

シマノ
SPAZA BASIS 250 キャスター付

ICE値45
容量25リットル
外寸685×305×320
内寸492×212×230
断熱材発泡ポリスチレン+1面底真空パネル
重量5.9㎏
おすすめポイント
  • キャスターとハンドル付きで楽々運搬
  • 片手でワンタッチ開封が可能なラックトップレバー
  • 堅牢ボディで座ることができる
  • 内部は抗菌剤配合で清潔に使用できる

内寸49.2cmで約50cmのサイズの魚をそのまま入れることができるためタチウオも十分に収納することが可能。

底面には真空パネルを採用し側面は発泡ポリスチレン素材を使用し保冷力も高く持ち運びもしやすい非常にバランスのよいクーラーボックスです。

取り外しのできる両開きの蓋に本体には水栓が搭載されているので釣行後の水洗いがしやすいのも良いところです。

キャスターなしのタイプのものもありますので必要性を感じない方や価格を抑えたい方にはそちらのモデルもオススメ。

シマノ
スペーザ ベイシス350 キャスター

ICE値50
容量35リットル
重量7.1㎏
外寸794×347×320
内寸592×252×230
断熱材発泡ポリスチレン+1面底真空パネル
おすすめポイント
  • キャスター付きで運搬が楽に行える
  • 水栓付きで水抜きも簡単に行える
  • ICE値50で約2日超氷をキープすることができる高い保冷力

タイラバにちょうど良いサイズと高い保冷力を持つシマノの人気のあるクーラーボックスです。

キャスター付きのため大量で鯛でクーラーボックスがいっぱいになってしまっても楽に運搬することができるのが特徴です。

また、両蓋は左右どちらからも開けることができ取り外しができ本体には水栓が付いているためメンテナンス性に優れ内部は抗菌剤が配合されているため常に清潔に保つことができるのが良いところですね。

シマノ
アブソリュートフリーズ ベイシス 32L

ICE値64
容量32リットル
重量7.8㎏
外寸402×650×368
内寸266×449×249
断熱材発泡ウレタン
おすすめポイント
  • 本体と蓋を圧着させる新構造レバーで密閉度を高め保冷力を向上
  • 内部は抗菌剤配合インナーを採用し細菌の増殖を軽減
  • 座っても変形しない堅牢ボディ

アブソリュートフリーズは密閉度を高めることで高い保冷力と水漏れを軽減した保冷性能が高いシマノの最新のクーラーボックスです。

新構造のリッドレバーは天面もしくはサイドどちらからでも手を入れることができるため開閉することができる両開き設計が特徴。

本体内部には抗菌剤を配合し清潔に保つことができ水栓は段差をなくすことで水残りがないためメンテナンスもしやすいおすすめのクーラーボックスです。

シマノ
スペーザホエール ベイシス450

ICE値55
容量45リットル
重量7.6㎏
外寸830×365×325
内寸692×272×230
素材発泡ポリスチレン+1面底真空パネル
おすすめポイント
  • 大型キャリーとハンドル搭載で持ち運びがしやすい
  • 底面真空1面パネルと発泡ポリスチレン素材で抜の保冷力
  • 本体インナーは抗菌剤配合で常に清潔

70cmの大型鯛も折り曲げることなく丸ごと入れることができる軽量でタフなボディが特徴のクーラーボックスです。

堅牢設計で壊れにくくクーラーボックスの上に乗っても座っても問題がありません。

また、本体には大型とキャリーとハンドルが搭載されているため持ち運びしやすく軽量設計の為手単独の釣行でも安心して持ち運びすることができます。

ダイワ
PV-REX 2800

容量28リットル
外寸40×57×34
内寸27×42×23.5
重量5.1㎏~6.8㎏
おすすめポイント
  • 蓋は両開きで開封がしやすいワンハンドオープン仕様
  • クーラーボックスの上に座っても歪むことがない剛性力のある「マッスルボディ」を採用
  • 持ち運びに便利なロングハンドルを搭載
  • 船上でも滑らない滑り止めラバー「ふんばるマン」付

クーラーボックスとしてははじめての2段階ロックの「シールドロック機構」を搭載。

より気密性を高めることによりクーラーボックス内の冷気を逃さず水漏れも防止することができるのが特徴。

断熱素材は6面真空、1面真空、ウレタン、スチロールから選ぶことができるのも良いところですね。

2023年の最新モデルのクーラーボックスでデザイン性もよくこれからクーラーボックスを購入する方におすすめです。

ダイワ
プロバイザートランク HDⅡ GU3500

KEEP値95
容量36リットル
重量6.6㎏
外寸32.5×71.5×35
内寸24×55×25
断熱材発泡ウレタン
おすすめポイント
  • サイドハンドルと大型静音キャスターで楽々運搬
  • ふんばるマン付きで船や車でも滑ることがない安心の安定感
  • 座ることができる頑丈なマッスルボディ

断熱材は発泡ウレタンを使用しKEEP値95と非常に高い保冷力を持つクーラーボックスです。

収納できるサイドハンドルが搭載されて静音キャスター付きの為持ち運びがしやすいのが特徴。

価格帯も手が出しやすいためコストパフォーマンスに優れたおすすめのクーラーボックスです。

ダイワ
ライトトランクα SU3200

KEEP値101
容量32リットル
重量5.3㎏
外寸31.5×69×34
内寸22×56.5×24.5
断熱材底1面真空パネル+発泡ウレタン
おすすめポイント
  • KEEP値101と非常に高い保冷力
  • 重量5.3㎏の軽量ボディ
  • 水栓付きで水抜きも可能

断熱材に底1面真空パネル+発泡ウレタンを使用しKEEP値101と非常に高い保冷力と重量5.3㎏の軽量ボディが特徴のクーラーボックス。

底面はスノコ一体型の設計で水栓も搭載されているため水抜きがしやすいのもよいところです。

軽量で持ち運びしやすいクーラーボックスを求めている方にピッタリのクーラーボックスです。

ダイワ

トランクマスター HDⅡ SU4800

KEEP値98
容量48リットル
重量9㎏
外寸39.5×91.5×33
内寸27×75×23
断熱材底1面真空パネル+発泡スチロール
おすすめポイント
  • 大型静音キャスターとハンドルで楽々運搬可能
  • 上蓋を固定できるサイドロック機構搭載
  • 大型ふんばるマンで車内や船上でもすぺらない

内寸75cmと広く使うことができ大鯛や青物まですっぽりと入れることができるのが特徴。

鯛だけでなく飲料や食料もまとめて入れることができ保冷力もKEEP98と非常に高いところも良いところです。

大型静音キャスターとサイドハンドルが搭載されているため一人でも楽々に運べる大型のクーラーボックスです。

伸和
ホリデーランドクーラー33H

容量33リットル
外寸幅57.4×奥行31.5×高さ36.9cm
内寸幅45.5×奥行22×高さ27cm
断熱材スチロール
重量4.05kg
おすすめポイント
  • キャスターとサイドハンドルで楽々持ち運び
  • 冷気を逃がしにくい投入口付き
  • ショルダーベルト付属で肩掛けにも対応
  • 水栓付きでメンテンナンスしやすい

コストパフォーマンスに優れた安心と信頼性の高い日本製造の伸和のクーラーボックス

内寸は45.5cmと広く投入口付きのため冷気を逃さずに鯛を入れることができるのが良いところですね。

3㎜厚のスチロール素材を使用しているため保冷力も高いため日帰りの釣行も余裕で使用することができます。

タイラバ用クーラーボックスのおすすめと選び方のまとめ

今回、タイラバ用クーラーボックスのおすすめと選び方を紹介させていただきました。

タイラバ用クーラーボックスを選ぶポイント
  • 容量は35リットルクラスがベスト!2人での釣行は45リットルクラスがおすすめ
  • 保冷力は1日氷がキープできる保冷力がおすすめ
  • キャスターやハンドルが付いた持ち運びしやすいものが持ち運びしやすい

タイラバは仕掛けを底に落としただ巻くだけでアクション等特に必要がなく初心者にも挑戦することができるとても人気のある釣りです。

また、タイは50cmを超える大きなものを釣ることができますし時合やポイントがはまれば数釣りを楽しむことができるのも良いところですね。

クーラーボックスの大きさは35リットルサイズがタイラバに適しており50cm前後の鯛をそのまま入れることができ5~6匹同時に入れることができるためちょうど良いサイズ感です。

もし複数人でタイラバを楽しみクーラーボックスをシェアする場合は少し大きめの45リットルクラスのクーラーボックスを選べば2人分の食料と飲料に合わせて氷と釣り上げた鯛を余裕で入れることができます。

45リットルクラスのクーラーボックスは鯛以外にも大型の青物釣りにも使用することができますので汎用性が高いのでとてもオススメです。

また、釣果に自信がない方は25リットルクラスのクーラーボックスでも対応することはできますが鯛をそれほど入れることができませんので注意が必要です。

総合的に一番おすすめのタイラバ用クーラーボックスは?

今回紹介させていただいた中で総合的におすすめのカツオ用クーラーボックスは「シマノ スペーザ ベイシス350 キャスター」です。

おすすめポイント
  • キャスター付きで運搬が楽に行える
  • 水栓付きで水抜きも簡単に行える
  • CE値50で約2日超氷をキープすることができる高い保冷力

内寸60㎝と大型の鯛を折りたたまずにそのまま収納することができ大量時にも余裕の収納力に合わせて高い保冷力がとても魅力的。

また、キャリーとハンドルが付いているので持ち運びしやすいところもとても良い所です。

今回紹介させていただきましたタイラバ用クーラーボックスはどれも人気がありおすすめのものばかりですのでどれを選んでも間違いありません。

是非、今回紹介したクーラーボックスでタイラバを楽しんで美味しく持ち帰ってみてください!

-クーラーボックス,