amazonで釣具を探す

アジ活かしバケツのおすすめ12選!選び方や人気のアジ活かしバッカンを紹介。

アジングやサビキで釣ったアジを餌として保管する際の必須アイテムの活かしバッカン。
生き餌は泳がせ釣りには欠かせない餌で餌のアジは活きのいい状態を保つことが重要になってきます。

今回、おすすめのアジ活かしバッカンを紹介していきたいと思いますので是非チェックしてみて下さい。

アジ活かしバッカンとは?

アジ活かしバケツ

バッカンとは本来餌であるマキエサを入れるための容器のことです。近年ではバッカンの防水性と収納性の良さから釣り道具を入れる道具としても使われるようになってきましたのでサイズも小さいものから大きいものまで幅広く販売されています。

また機能面も充実してきてロッドホルダーやプライヤーホルダーなどが付いたバッカンなども販売されだしています。

アジ活かしバッカンの使い方

釣りにおいてのバッカンの本来の使い方はマキエサを入れておく容器です。凍った餌のコマセをバッカンに入れて海水を入れて解凍し使用するのが一般的なバッカンの使い方です。

釣りが終わればバッカンにロープをつなぎ海水を入れコマセで汚してしまった釣り場を流したりして使う場合もあります。

また、折りたたむことができるタイプもあるので使い終わればたたんでコンパクトにして帰ることができるので磯釣りや防波堤の釣りではバッカンは重宝されています。

バッカンの機能性

バッカンはコマセの餌入れとしての使用以外にも様々な使い方が出来ます。防水性能に非常に優れているのでタックルボックスとしても使用されており、ロッドホルダーやプライヤーケースなどが付いたバッカンも発売されています。
そのため、バッカンをランガンに適したライトゲーム用タックルボックスとしても使用することもできます。

また、クーラーの内容器として使えるクーラー用バッカンという商品も販売されています。クーラー内部を汚さないようにすることができるのとスノコが付いているため魚に直接氷があたらないように冷やすことができる工夫もされています。

また、リュックサックの形をしたバッカンも販売されています。
EVA素材の頑丈な素材は防水性に優れており大口で開け口が広いため収納もしやすく両手を開けておきたい磯釣りの移動や堤防釣りで活躍するリュックタイプのバッカンです。

アジ活かしバッカンとは?

アジ活かしバケツ

活かしバッカンとは、泳がせ釣りなどで必須となるアジ・イワシなどの生きたエサを保管することができるバッカンのことを言います。

活かしバッカンには様々な機能が付いているものやシンプルな形状のものまでさまざまなものが販売されています。

アジ活かしバッカンの機能性

活かしバッカンの形状は丸形の形状をしたバケツ型と長方形の形状をした箱型の2種類が販売されています。

両方とも機能として魚を活かすためのエアーポンプ入れるためのポケットが付いていることが特徴です。

その他に2重蓋を採用して内蓋がクリアになっていたりメッシュ状で中身の確認がしやすくなっていたりファスナーが斜めについていて魚が飛び出しにくい形状になっているものも販売されています。

基本的に活かしバッカンは海水を入れるためとても重くなります。そのため、持ち運びが便利なようにしっかりとしたハンドルがついていたり肩にかけれるようにショルダーベルトが付いているタイプのものもあります。

アジは海水1リットルにつき1匹と言われていますのでアジ活かしバッカンを購入する際はサイズにも注意して選ぶ必要があります。

小さなものですとあまりアジを活かすことができませんが大きいものになるとたくさん活かすことが出来ますが海水を入れている状態だととても重くなってしまいますのでバランスを考えての購入をおススメします。

アジ活かしバッカンのおすすめ商品

【第一精工】活かしバッカン アジバケツ

バケツの内側にファスナーが付いており蓋をすることで外部に水が漏れないアジの活かしバッカンです。
サイズは27㎝/13ℓ、30㎝/16ℓ、33㎝/20ℓ、36㎝/24ℓの4サイズから販売されています。

別売りのアジスカリをセットで使えばより便利になります。
各サイズの3㎝大きいアジバケツを購入すればすっぽり入れることが出来ます。釣り場についてスカリだけ海中に入れロープを結んでおけばいつまでもアジが元気です。

【メイホウ】アジカンサイクロン

ケース内にサイクロン方式で発生した水流が渦を描くように回り魚が一定の方向を向くためアジを活かすことが出来ます。

別売りエアーポンプ(通称ブクブク)を合わせて仕様すればより生命維持が可能です。

DRESS 活かし水くみバケツ

ドレスの簡易アジ活かしバッカンです。
10mのロープ&ホルダーが付属しており海水を簡単にくみ取ることが可能。
また、メッシュ状の蓋つきなのでアジを入れても暴れて外に出ないように工夫がされています。カラーバリエーションが豊富なのも嬉しいところですのでお気に入りのカラーを見つけて釣りを楽しみましょう!

Gamakatsu ウキマロ お魚みえみえバケツ

がまかつの簡易タイプのアジ活かしバケツです。
6mのロープ付きでボディは透明になっているので中身が確認しやすく蓋は半分メッシュ状になっているため魚を逃がさずに水の入れ替えが可能です。
蓋の裏型には危険な魚のイラストが描いてあるのも特徴的なアジ活かしバケツです。

【シマノ】バッカンEXハードタイプ

海水を入れてアジ・イワシを活かすのであればソフトタイプのバッカンよりハードタイプのバッカンがオススメ。
形をしっかりと維持し塩ガミしにくい太番手ファスナーを搭載、ガッチリハンドルは握るとハンドル同士が合体しバッカンをとても持ちやすくしてくれます。

フィッシュバッカンEV

アジやイワシなどの生き餌を活かすことができるシマノのフィッシュバッカン、サイドにはエアーポンプを入れるポケットが付います。

機能面でも充実しており塩ガミしにくい太番ファスナーにガチットハンドルを搭載し持ちやすくバッカンを半開き・全開きできるようにドットボタンも搭載されています。

フィッシュバッカン LIMITED PRO(ハードタイプ)

サイドにロッドホルダーとエアーポンプを2台入れることができるハードタイプのアジ活かしバッカンです。

蓋は2重設計になっており内蓋はカーブ状ファスナーとこだわりのタワミ設計で魚がスムーズに取り出せるようになっています。

ダイワ 活かしバッカン

サビに強いステンレスフレームを採用しバッカンとしての耐久性をアップ。魚がぶつかることなく泳ぎ続け弱りにくい丸形形状を採用。

サイドにはエアーポンプ用のポケットを搭載し上蓋+メッシュ内蓋を採用し移動時に水がこぼれにくい設計になっています。

ダイワ ポータブル活かし水くみ

コンパクトに折りたたむことが出来ロープ付きの簡易タイプのアジ活かしバケツです。
EVA素材で柔らかく透明ボディで魚の状態を常にチェックすることが出来るが◎
リーズナブルな価格でおすすめのアジ活かしバケツです。

ダイワ キーパーバッカン

サイドのロッドホルダーとエアーポンプ用のポケットを搭載。
蓋は上蓋と内蓋の2重構造で内蓋は中身が見やすいように半分がメッシュ構造になっています。

また、斜めファスナーを採用し魚を入れたときに魚が飛び出しにくい工夫がされています。

プロマリン EVA活かしバケツ 30CM

中の様子が確認できるように蓋はクリア仕様、側部にエアーポンプポケット、上フタにエアホース用の穴が開いておりエアーポンプを入れやい設計になっています。
リーズナブルな価格で購入できるため泳がせ釣り入門にオススメのアジ活かしバッカンです。

【浜田商会】EVAキーパーバッカンST

アジ活かしバッカンのスタンダートモデル。
EVA素材を使用したハードタイプのバッカンで上蓋・内蓋の2重構造。

内蓋はメッシュの斜めファスナーを採用しているので魚を見やすくまた飛び出さないように工夫がされています。
価格もお手頃な価格で購入できるのも嬉しいアジ活かしバッカンです。

アジ活かしバケツについてまとめ

アジ活かしバケツは泳がせ釣りやヤエン釣りなどで使用する生き餌のアジを活かしておくことができるとても便利なアイテムです。
今回、各メーカーより販売されているおすすめのアジ活かしバケツを紹介させていただきました、簡易タイプから本格モデルまで幅広く販売されていますので自分にあったタイプのアジ活かしバケツを是非見つけてください。

カテゴリー:
関連記事